お客様フォローも万全です

2019年5月22日

スマホアプリを会員証として使うことは、お店の運用を少し変更していただく場合もあります。
例えば、次回予約をいただいていないお店の場合、予約はアプリからできることをしっかりお客様にお伝えすることが
電話作業の削減になるんです。ですとか
アプリの会員証にはプッシュ通知が届くということはこんな使い方ができますよ。
というような運用方法をお伝えしたりしています。

昨日は山梨のお客様、既に2店舗アプリ運用されていますが
現在の予約の状況を確認させて頂いたり、お話を伺い、上手な使い方のご案内をしてきました。

この7月には直営1店舗とFCオーナー様店舗もアプリの運用を開始予定です。