タブレットで便利!カルテ機能を活用

2020年9月7日

タブレットで便利!カルテ機能を活用

美容室のPOSレジは重要な店舗情報を管理

コンビニやスーパーなどで使われている「レジ」と「POS」が一体化した「POSレジ」は、お会計を正確に、そして迅速な対応をお客様から求められます。

一方、美容室ではコンビニやスーパーと違い頻繁にお会計をすることがありません。美容室のPOSレジはフロントに設置してある店舗がほとんどで、POSの中にはお客様情報、売上情報、スタッフ管理など重要な店舗情報が管理されています。

今回はPOSをタブレットに連動し、電話機の子機のように、店内で持ち運びをしながらカルテ機能を活用する方法を紹介します。

タブレットによるカルテ機能の活用

Mobius POSは美容室のお客様情報をカルテとして保存することで、予約状況や来店履歴の管理に最適です。カルテには、前回のスタイル・施術メニュー・使用した薬液・購入した店販商品・髪や頭皮のお悩み情報を載せることで次回の提案に役立ちます。

また、その場で施術後の写真を撮影すると、写真をフォトカルテとして保存できます。ヘアスタイルの中でお客様が気にしているポイントや、スタイリストが注意しながら施術するポイントなど、その場で画面にメモをすれば、次回ご来店時に忘れることなく、理想的な提案ができ、顧客満足度に繋がります

そして、カルテにはそのまま反映されるので、お客様から「前回と同じスタイルで」だったり「前回と同じカラーで」といった要望にも、フォトカルテがあればスムーズな対応ができます。そのほかにも、タブレットによるカウンセリングや、タブレットによるクロージングなどカルテ機能の活用方法があります。

持ち運びが便利なタブレットを活用して、お客様とのコミュニケーションがもっと豊かにサロンワークがもっと便利に

※タブレットには対応機種がございますので、詳しくは営業担当までお問い合わせください