花粉症には加湿器を

2018年3月29日

花粉症

花粉症

皆さまの会社やお店にはどのぐらい「花粉症」の方がいますか?
日本ではおよそ1/4の方がなんかしらの花粉症とのことです。
<< 花粉症カレンダー【花粉症ナビ】>>

花粉症は、本来良い物である抗体が間違えて花粉を病原菌と間違えて反応してしまうことで起きる症状なので、身体のだるさも風邪に近い感じになります。
「それなら薬を飲めばいいじゃん」
と言われますが、薬も副作用(眠くなったり、ぼーっとしたり、喉が乾燥したり)なのでお仕事をしていると飲みたくないという方もいらっしゃいます。

そんな地球病の花粉症ですが(実は、他の国や動物でもあるのです!!)最近の対処法のひとつに
「加湿器」
があります。

空気清浄機じゃないの?

空気清浄機

空気清浄機じゃないの?

とお思いの方、私も最初そう思いました。
空気をキレイにするでしょ?それでいいじゃない。

もちろん空気清浄機も良いです。空気中の花粉を抑えるには。
ただ、花粉も重さがあるのでいつかは床に落ちます。
床の花粉は空気清浄機が苦手な部分です。吸い込めません。
ですので、空気清浄機の一番良い場所は入口になります。

そうなると部屋の中は?
ここで、加湿器です。

 

加湿器

加湿器

加湿器で部屋の湿度を上げる(40~60%)と、花粉が下に落ちやすくなります。
床におちたら、続いて掃除機か床拭きモップの出番になります。
掃除機もフィルターの細かいものが良いです。

加湿器の良いところは、
鼻などが乾燥するのも抑えてくれますのでマスクをしているときのうるうると同じように症状を緩和してくれます。

加湿機能付の空気清浄機もありますが、メンテナンスのことを考えたり、加湿器の設置場所(テーブルの上など少し高いところで、部屋の中央付近がベスト)を考えると
別々で用意したほうが良いと思います。

加湿は60%

また湿度を上げると、ピークは過ぎましたがインフルエンザなどの対策にもなります。

杉・ヒノキの花粉が収まるのは、地域差がありますが5月頃まで続きますので、加湿器をぜひとも利用してみてください。

\ 詳しくはお問合せ下さい /

関連記事