集客サイトからのお客様を固定化させる方法

2018年7月18日

スカウト会社の方と会い、メビウスを販売する対象者はどんな人が良いのか?と言う話から、 メビウスのランディングページの話になりました。

販売の目的は?
メビウスの「ウリ」は何なのか?
機能説明はあるけれど、それを実現するためのノウハウはどうなっているのか?
何と何をやれば、この結果が出るのか?
それが、美容師との二足の草鞋の強みではないんですか?と。
こちらの営業マンの方まだ35歳前後ですが本当に何でも知っているし、
アドヴァイスも的確で凄い。
目的は明確で「美容室、美容師が豊かで幸せな環境をつくること」です。

そのために、集客サイトからの新客をどんどん呼び込み、
メビウスのポスレジ、アプリ、ネット予約に促し、
広告費(年間1,800万円)を切り替えて、960万円に削減できました。
更に固定率を上げました(15%から35%の実績あり)。
新規客が50人なら15%で7.5人、35%なら17.5人の差が出ます。
HPBの客単価が5,800円だとして×10名は58,000円、これが1か月に出た成果の額です。
メビウスをセットで使っても23,000円です。

さて、どちらがお得でしょうか。

これをさらに指名客にしていくためにアプリで提案していきます。
HPBのポイントが楽しみなお客様も多いはず。
そうしたらどうする?
これは使った人だけに教える㊙な方法があります。

僕たちの年代は、集客サイトに顧客情報を共有することが嫌な年代なので、 予約画面に顧客情報を載せません。
予約だけを入れていきます。
たぶん35歳以下のオーナーさんは「集客サイトで集めたお客様だから、別にいいじゃん?」と言うと思いますが、年齢が上がると慎重になりますし、
今まで長いこと業界で生き残れたのは、慎重にやってきたことも大きな理由の1つです。

ここで質問です。
「集客サイトのアプリを使っているお客様は誰のお客様でしょう?」
自店の美容室お客様ですか?
いいえ。 集客サイトのお客様です。
これは悪いことではなくシステムと権利の問題です。
ここを理解しているのと、理解していないのでは対策に大きな違いが生じます。
現代の集客はほぼ、集客サイトなしでは考えられません。
活用しまくって新規集客をし、そして自店のポスレジ、アプリ、予約システムで固定化し、
自店の美容室の固定客にしていきましょう。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン