世の中の変化に乗り遅れないために。

デジタルの波

急激な変化

最近、世の中の変化に人は気づかないと強く感じています。
僕もそうなのですが、過去の成功事例をよほど全否定をしないと次の時代のチャンスに乗り遅れてしまいます。

予約システムの重要性

営業からの報告です。
お客様に「予約システムがありますか」と聞くと、

電話 / メール / LINE / フェイスブック
電話?メール?SNS?
があるから大丈夫と言われます。

本当ですか?
皆さんがお客様なら予約をする時間にお店に人がいますか?
一般の女性は仕事が終わり家に帰り食事をし、ホッとするのが
21時過ぎ
お客様はゆっくりできる時間に予約をします。
さてそこから

「明日は何しようかな。
そうだ美容室に行こう。
今から予約しよう。」

さて電話は繋がりません。
メールが届いているのか確認できません。
ライン、フェイブックは送ると確認のやり取りが面倒くさい。

電話?メール?SNS?

手間がかかると面倒になりますよね

 

面倒を解決

集客サイトがこんなに人気が出た理由がこれです。
予約サイト、アプリとスマホで完全予約!!!

同じ環境を持たなければ、飛行機(IT)に竹槍(アナログ)で戦いを挑むようなものです。

デジタル×アナログ

皆さんも必ずホテルを予約するときはアプリを利用していませんか?

これからの時代

過去の振り返り

昨日から過去の資料を整理して、今後の美容業界はどうなっていくのかを考えています。
まずは過去の振り返りです。
美容業界に入って37年、お店を開いて31年。この中での振り返りになります。
僕の主観の部分が多いので、気にしないでください。

 

まず以前は、

①技術力
技術力(シザ―ケース)

上手いという事が繁盛店の条件でした(本当に上手いかどうかは別として)
今でも基本は技術力。技術が上手いのは必要ですね。

 

次に来たのが、

②接客力 営業力

営業力(商材)

お客様の要望を聞く カウンセリング 接客力
家でのお手入れに責任を持つようにアフターカウンセリング
そのための、商品を購入していただく。営業力

 

最近は

③人間力

人間力(笑顔)

当たり前のことが当たり前に出来ること
笑顔 返事 後始末etc

ここまで出来れば、いままではほどほどの指名が取れる美容師になれました。

これからの時代

さー問題はここからです。
今後はなにが出来る人が指名が取れる美容師になるでしょう?

答え:SNSで何人のフォロワーがいるか

になっていくようです。

SNS(スマホ)

以前は個人は紹介でお客様を増やしていきましたが、今はSNSで自分を発信する時代。

そして価値観を共有できる時代のなったのです。

以前は僕のお店でも、暇な時間があると
「リーフレット配りに行ってください」
とお願いしていました。

今は時間があると、スマホで
「インスタ・ツイッターをUPして」
となりました。

 

ただ、若い経営者の方は理解していると思っていたら大きな間違い。
ほんの一握りの方だけが始めているようです。
今なら時代の変化を先取りしたら、チャンスを独り占め出来ますよ。

どうSNSを活用して求人・集客していくか、をつかんだ方がこれからの成功者になれますよ!!

 

これからの時代を生き抜くためには。

講演会がありました

講演を聞いて感じた事

僕が所属している団体の会長の退就任式があり、そこである銀行の専務理事の方の講演がありました。
「金融機関から見た理美容業界の今後の未来」と言う感じの内容でした。

簡単に言えば「統計学で人口減少をベースにかなり厳しくなる」という事でした。

大きな分かれ道

僕らも皆さんもニュアンス的には感じていますが、本当に危機感を持っている人はかなり少ないのではないでしょうか?
ある方が「津波が来る」と表現していましたが、本当に押し寄せていますよね。

ここにどう対処していくのか。
これを話せる人には、まだ会ったことがありません。

分かれ道をどう進むか

 
仲間とも話しました。

人が少なくなっているのだから、
・お店を縮小する
・違う業態を作る(例えば メンズサロン・トータルビューティ等)
・理美容師がやらなくて良い仕事は他の人にしてもらう(サービススタッフ・フロント等)
そして、
・IT化

美容室の仕事はIT化が進んでも無くならないと自慢げに話す人がいますが、
確かに美容室の仕事
○髪を切る
○染める
○パーマをかける
○スタイルを作る等
の仕事は無くなりませんが

今や集客に関してはどうでしょうか。
再来を促すことに関してはどうでしょうか。

新しい集客

今後は個人のSNSも重要に
(画像:Freepik.com)

とあるお店で、あまりぱっとしない子が急に売り上げが1番になったのです。
理由を調べるとなんとTwitterのフォロワーが10,000名もいて、その人たちがお客様になっていたという事でした。

今はこんな時代なのだという事を認識していることが大切ですね。

おかげさまで、僕もFacebookのお友達が988名になりました。
承認いただいたみなさんありがとうございます。
・理美容師さん
・理美容室オーナー
・理美容関係
に絞り込んでいますので進み方が遅いのですが、Facebookの上限5,000名を目指して頑張ります!!