美容室経営の悩みとは?課題となる求人と集客について

美容室経営の悩み

「美容師として独立開業する」と聞くと華やかなイメージを思い浮かべる人も少なくありません。しかし、実際の美容室の経営は様々な課題に直面しています。成功者は悩みを解決し経営を続けているのです。この記事では美容室を経営していく上で直面する悩みについて、原因と解決策を紹介していきます。

美容室の経営者が抱える悩みにはどんなものがある?

当然のことですが、美容室は開業して終わりではなく様々な問題が起きて、それを解決する必要があります。「顧客がつかない」「売り上げが上がらない」「人が集まらない」などの経営に直結する悩みはもちろん、スタッフ育成に関する悩みも発生します。多くの美容室オーナーが直面するであろう悩みの原因と解決策を紹介します。経営に行き詰まる前に効率的に解決できるように状況を整えましょう。

美容室経営の悩み

集客と収入

美容室を経営する中の悩みで一番多いのはこの「集客と収入」についてになります。頑張って開業資金を貯めて自分の美容室をオープンしたものの、儲かるどころか毎月の生活も苦しくなってしまう状況に陥ることは決して少なくありません。美容室経営を軌道に乗せるには、顧客を獲得することが最も重要になります。しかし、現在の美容室数はコンビニの数を上回ります。そんな状況の中で新規顧客を獲得することは簡単ではありません。

大手集客サイトである「Hotpepper Beauty」などに広告を出しても、新規クーポンや低単価クーポンの利用を目的にする方が多く、次回予約に結び付かないということも珍しくありません。定期的に足を運んでくれるお客様を獲得するためにも他の美容室にはない価値を提供する必要があります。ここでは集客力を上げるため、そして美容室経営を続けるための十分な利益を獲得するために、今すぐ実践できる具体的なポイントを紹介します。

集客で重要なのはリピーター作り

お店全体の集客率を上げるためには、リピーターを増やすことが最も効率的な方法です。リピーターを増やすにはいくつかの方法があります。

リピーターを増やす方法
  • ポイント制の導入
  • DMなどによる再来の促し
  • スタンプカードによる来店することのメリット化

上記などが上げられます。まずはお客様を「継続して通いたい」という気持ちにさせることが非常に重要になります。また集客サイトにも再来クーポンを掲載する必要があります。大手集客サイトを見ていても新規クーポンは多く存在していますが、再来クーポンが少なく2回目、3回目に通いづらい美容室が非常に多いです。当然のことですが、ポイントやクーポンなどの前に、お客様が満足できるようサービス内容の充実や接客については、最大限の努力をしてください。

美容師人材確保と育成

人材確保と育成について

マンツーマンで経営している美容室は別ですが、美容室の規模を拡大するにはスタッフを雇用する必要があります。しかし、現在の美容業界は史上最高の人材不足といわれています。そんな中では人材を確保することが大きな課題の1つとなります。特に美容師、まつエクは国家資格が必要な職業なので、資格が必要ない他業種と比べても人材が集まりにくい傾向にあります。また、せっかくスタッフを集めても、すぐに退職されてしまい人が定着しない、上手に教育できない、育たない。といった悩みを抱えることも少なくありません。ではどうやって良い人材を確保して、長きにわたって一緒に働いてもらえるよう気を付けるべきかポイントを紹介していきます。

求人を出しても応募が来ない

美容室の数は約25万店舗と言われコンビニの4倍~5倍と言われています。そんな件数の中から自店を見つけてもらうには求人情報の見直しが必要になります。見直す中で一番大切なことは、求職者の立場に立って考えることです。まずは、待遇面を見直してみましょう。給与・福利厚生・休日日数・昇給条件など、競合店がどのような条件を出しているのかリサーチし自店の待遇と比較して見ることも必要です。ここに付随して自店のウリをアピールしましょう。「研修が充実」「雑誌掲載」「海外研修あり」などです。さらに、近年では求人票やハローワークで就職先を探すよりもSNSで探す割合が多くなっているためこちらの更新も忘れずに行いましょう。

スタッフの離職率を下げるためには?

「スタッフが辞めてしまった」「一定時間たつと独立してしまう」など、一生懸命費用や時間をかけて採用したスタッフが辞めてしまうなど雇用契約を締結した後にも悩みが付きません。特に美容師は離職率が高いことで有名な業種となります。労働時間の長さ、低賃金、休日の少なさなどが主な理由とされています。離職率を下げ、スタッフを定着させるためには、労働環境の改善はもちろんスタッフとの面談を行うなど気を配る必要があります。オーナーと従業員という間柄でも、ここぞというときには本音で真剣に話し合える関係を築いておくことも離職率を下げる大きなポイントの1つです。

よいスタッフ教育に重要なこと

スタッフの教育・育成も美容室経営を成功させるためには重要なポイントです。美容師としてスキルを積み教えることはもちろん、接客やトークのノウハウなども一から教える必要があります。そういったことが結果的に美容室全体の利益に直結して行きます。そのためには、お客様と関わる機会を設けて、経験を積ませる必要があります。実際の経験を積むことで実践的なスキルが身に付き、仕事に対する責任や、やりがいをダイレクトに感じることができるでしょう。何かあった時のフォローを行うことで信頼関係の構築も役立ちます。

美容室経営課題

経営課題を明確にしておこう

美容室を開業するまでの道のりはけして楽なものではありません。しかしそれ以上に、開業後により厳しい現実に直面する可能性も多いにあります。プレイヤーから経営者となれば、常に順風満帆とはいかず大きな課題に悩まされることはあります。そんな時に課題を明確にすることができず、美容室経営に行き詰まってしまい閉店・廃業に追い込まれないよう、事前に課題に対する知識を持ち原因や対処方法を考えていくことが重要です。すでに美容室を経営されている方で悩みを抱えている人は課題を明確にし焦らず1つ1つ対策していきましょう。

まとめ

美容室を経営していく上で外すことのできない課題は「求人」と「集客」です。これらを、ある程度解決することができれば美容室経営は8割がうまく行きます。そんな「集客」に対してINFINITEではお手伝いをさせていただいております。他にはないオリジナルアプリの作成によりリピート顧客作成からキャンセル対応などMobiusにしかできないことがあります。実際に運用されている美容室様の具体例をお伝えすることで今の経営の悩みを解決することができるかもしれません。詳しくは1度お問い合わせください。

\ 詳しくはお問合せ下さい /

関連記事