セミナーに行ってきました。

セミナーに行ってきました。
能力開発系もしくは開発系の内容のものでした。

ゲストはなんと
アップルの創立メンバー スティーブ・ウォズアニック
Facebookの創立メンバー ランディ・ザッカーバーグ
これって凄くないですか?

この案内が来た時に僕は震え、3秒でビップ席を予約してしまいました。

仮にもソフトを作って販売している会社の社長していますが、
このメンバーに会えることなんて一生無いと思っていました。
会えないというよりも会うことを想像もできませんでした。

1日目は、12時間、2日目も10時間という恐ろしいスケジュールですが
(僕は腰が悪いので5時間以上座っていることが難しいというか、痛くなり動けなくなってしまいます)
迷わず一番前に座ろうと意気込んでいました。

お陰様で一番前に座り、1日目はランディ・ザッカーバーグ氏の講演を目の前で聞くことができました。
ちょっと期待していたものとは違いましたが、びっくりしますよね

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン

ITと美容

会議

久しぶりに、美容室の他の団体の会議へ参加してきました。
基本は何年も前と同じこと(数字を追ってのミーティング)が進んでいました。

僕にとっては逆に新鮮でした。
基本と言うか、ベーシックは変わらないし、
「この部分だけは外してはいけない」というポイントってありますよね。
前半は数字発表でした。

後半はQ&A形式になります。
この時、ある方が「次回予約の確認をフロントさんが電話でしています」と言いました。

僕Q「お客様全員に確認ができていますか?」
 A「はい、たぶん全員できています」
僕Q「本当ですか?お客様との連絡はどのようにやっていますか?」
 A「ラインでやっています」
僕Q「なんでLINEなんですか?アプリは使わないんですか?」
 A「LINEなら既読が分かるので。アプリはお客様に伝わったか分からないので・・・」
僕A「予約票の一覧で解かりますよ」
 A「マジですか」  絶句――――

こんな会話がありました。
まだ、美容業界にはアプリの活用、ネット予約等々が全く浸透していないこと、理解されていないことを感じました。

インフィニィティが作ったメビウスシステムは理美容業界の活性化。
理美容業界とITの融合で、豊かで幸せになることを目標に作っています。
もっと、基本的なことをしっかり伝えていかなければと痛感した会議でした。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン

集客サイトからのお客様を固定化させる方法

スカウト会社の方と会い、メビウスを販売する対象者はどんな人が良いのか?と言う話から、 メビウスのランディングページの話になりました。

販売の目的は?
メビウスの「ウリ」は何なのか?
機能説明はあるけれど、それを実現するためのノウハウはどうなっているのか?
何と何をやれば、この結果が出るのか?
それが、美容師との二足の草鞋の強みではないんですか?と。
こちらの営業マンの方まだ35歳前後ですが本当に何でも知っているし、
アドヴァイスも的確で凄い。
目的は明確で「美容室、美容師が豊かで幸せな環境をつくること」です。

そのために、集客サイトからの新客をどんどん呼び込み、
メビウスのポスレジ、アプリ、ネット予約に促し、
広告費(年間1,800万円)を切り替えて、960万円に削減できました。
更に固定率を上げました(15%から35%の実績あり)。
新規客が50人なら15%で7.5人、35%なら17.5人の差が出ます。
HPBの客単価が5,800円だとして×10名は58,000円、これが1か月に出た成果の額です。
メビウスをセットで使っても23,000円です。

さて、どちらがお得でしょうか。

これをさらに指名客にしていくためにアプリで提案していきます。
HPBのポイントが楽しみなお客様も多いはず。
そうしたらどうする?
これは使った人だけに教える㊙な方法があります。

僕たちの年代は、集客サイトに顧客情報を共有することが嫌な年代なので、 予約画面に顧客情報を載せません。
予約だけを入れていきます。
たぶん35歳以下のオーナーさんは「集客サイトで集めたお客様だから、別にいいじゃん?」と言うと思いますが、年齢が上がると慎重になりますし、
今まで長いこと業界で生き残れたのは、慎重にやってきたことも大きな理由の1つです。

ここで質問です。
「集客サイトのアプリを使っているお客様は誰のお客様でしょう?」
自店の美容室お客様ですか?
いいえ。 集客サイトのお客様です。
これは悪いことではなくシステムと権利の問題です。
ここを理解しているのと、理解していないのでは対策に大きな違いが生じます。
現代の集客はほぼ、集客サイトなしでは考えられません。
活用しまくって新規集客をし、そして自店のポスレジ、アプリ、予約システムで固定化し、
自店の美容室の固定客にしていきましょう。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン

連動

毎月コンサルティングの方とミーティングをしています。
先日、毎月の報告を受けました。

前月は求人の広告を出し、お客様のHPが検索時に1ページ目に表示されるようにお願いしてありました。
結果は見事に1ぺージ目に表示されるようになり、求人の広告もトップページに出るようになりました。

大手の会社は何百万何千万単位で広告費をだしているはずです。
凄いことですね。

目的はHPから求人の問い合わせがくることなので、まだ目標は達成していませんが、ここまで来たら改修と確認を繰り返しで必ず達成できると信じています。

コンサルティングの方にはたくさんの美容室のHPを分析してもらいますが、やはり、最近はSNSに力を入れているところが実績を上げているようです。
HPとインスタグラム・(facebook)・YOUTUBEとこの三つを連動させ、更に効率良く結果が出るように改善していきます。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン

ポータルサイト

ポータルサイトイメージ

最近は美容室の集客・求人はポータルサイトが中心になってきています。

面白い話を聞きました。

35歳以下(年齢は目安と思ってください)の方は集客サイトに抵抗がなく、
それ以上の方たちは集客サイトにあまり良い印象をもっていないそうです。

なぜでしょうか?

育った環境が違うからですよね。
35歳以下の方たちは、ゲームで育った世代でスマホも当たり前。
メールでコミュニケーションをし、若いうちから集客サイトを利用していた人も多い。

反対にそれ以上の年代の方は集客サイトの利用が当たり前ではなく、
オンラインのつながりよりも、直接の人と人の触れ合いが大切で、
効率より情緒的な部分が大切。

僕も後者の年代ですので、気持ちはとても解ります。
ですが、危険なのは、集客サイトを辞めようという風潮があるということ。

ちょっと待って、本当に大丈夫ですか?
それを辞めて、今と同じ結果を出せますか?
今一度、考えてほしいと思います。

ポータルサイトだけに頼らない

僕は集客サイト肯定派です。
まず、新規の方には集客サイトで知ってご来店いただく。
そこからの固定化にはアプリ、予約サイト、ポスレジ、ホームページを使い、
自店に集客サイトと同様の環境を作ります。
戦略を練り、自店の固定客になっていただき、、
その上で、集客サイトのプランをダウンさせ、利益を拡大させていく。
そのような流れが良いのでは。と考えています。

興味のある方はこちらをご覧ください。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン

SEO

SEO

今、コンサルティングを入れています。
契約している美容室のSEO対策をお願いしています。

美容室の検索については1ページ目まで上がってきました。
ここまで、約半年です。

文章の書き直しにかなりの時間を費やして何となくコツのようなものがあることに気づきました。
良いベンチマークのお店がありますで、とても解りやすく勉強になります。

目的は、HPを見ていただいた方からの求人問い合わせなので、
まだまだこれからですが
とにかく検索して1ページめに表示されるということは凄いことです。

ここから、ムゲングループに入りたいという人の
問い合わせがくるようなHPを作っていきます。

良い報告が出来るようにガンガンリニュアールしていきます。

ITと経営に興味のある方は – DMM オンラインサロン