美容室の内装費用はどのくらい? サロン店舗の工事を安く抑えるコツも紹介

美容室の内装費用はどのくらい?・・・#美容室 #内装 #経営 #独立 #開業

こだわればきりがない。
内装業者の見積書には、坪単価で表示されていることがほとんどです。

この坪単価とは、1坪当たり(3.3㎡、畳約2枚分)の建築費がいくらかかるかを示しています。計算方法としては、内装の総額費用を延床面積(㎡)で割ると、坪単価(×3.3㎡)を出すことができます。

内装業者をはじめ、建設業の方々はこの坪単価で把握していますので、この坪単価を覚えましょう。通常の相場は、20万~40万位と思っていいと思いますが、サロンイメージをこだわりすぎると、価格はどんどん上がっていきます。イメージを大事にしたいけど、費用も抑えたい。

そこで、イメージに合わせて費用を抑えるポイントを確認していきます。

美容室の内装工事費用ってどのくらい?

サロンのイメージは、店内の内装や什器、装飾品や色づかいなどで、お客様にどう映るかが決まってしまいます。こだわりたい部分と、費用を考えると抑えたい部分とで悩むところです。多額の資金を用意できるのであれば問題ありませんが、借り入れをするのであれば抑えたいものです。

それだけに、自身の中でサロンイメージを確立しておくことをオススメします。そうすることで、内装業者にこうしたいけど予算はこの位で・・・と伝えられます。イメージと予算を伝えることで、新しいアイデアが提案されるかもしれません。費用を抑える為にも、見積書は細かくチェックしていきます。美容室の内装工事費用の坪単価は20~40万位になりますが、あくまで一般的な価格になります。

ここでは、そのポイントを抑えながら解説していきます。

費用相場をランク別に紹介

費用相場をランク別に紹介・・・#美容室 #内装 #費用相場

美容室の内装工事の相場を確認していきます。独立した先輩や、友人や知人で美容室を開店させた方々に聞いてみて情報を集めましょう。この時、内装費用の総額を聞くのではなく、坪どのくらいでした?と聞きましょう。総額は言いたくなくても、坪単価なら教えてくれる場合がほとんどです。

内装工事の費用は、坪数で判断されます。業者の見積書には、坪単価で表示されているケースがほとんどです。

坪単価とは、店舗の床面積1坪当たりの工事費用を表します。図面上では、○○㎡と記載されていますが、これを3.3㎡(1坪)で割ると坪数になります。

内装工事費用の総額を、坪数で割れば坪単価が分かります。

美容室の場合、相場が20~40万位になります。
15坪のテナントの場合だと、300万~600万位になります。

坪単価の事例
  • 坪単価20~40万の場合:欲張らないで、イメージ通りの仕上がりに
  • 坪単価41~60万の場合:少し高級なイメージを加えつつ、理想の仕上がりを実現
  • 坪単価60万以上の場合:こだわりを形にした結果のイメージ、かなりの高級感を表現できる

etc…

業者から見積書が出来たら、必ず坪単価を確認してください。坪単価を確認することで、相場価格と比較して、業者の信頼性が確認できます。

新築の場合、居抜き物件の場合、改築の場合と条件によって工事内容が違う為、費用相場は大きく変わります。また、坪面積により坪単価が変動します。

同じ費用として60,000円の物でも…
  • 10坪の場合の単価:6,000円
  • 15坪の場合の単価:4,000円

坪面積が大きい方が単価は下がります。イメージ優先でのこだわり感、床や壁の素材、オリジナルでの什器、床給排水の為の床上げ工事などで費用相場は大きく変動しますが、あくまで目安の1つにすぎません。

新築物件の場合

新築の場合、何もない所からイメージ通り作れるので理想のお店を表現しやすいです。あれもこれもとこだわりすぎると予算オーバーなんてこともありますので、注意が必要ですね。

POINT

内装工事だけでなく、設備面でも工事が必要になりますから、費用面では当然のことながらそれなりにかかります。それだけに、見えないスタッフルームや倉庫などには、質を落として費用の削減を図ります。新築の場合の費用相場は坪単価30~40万位になります。

居抜き物件の場合

居抜き物件の場合、現状のままで譲り受けるので、設備や内装がそのまま残っています。この場合、そのまま使える部分と、手を加えなければならない部分と、イメージ変更の為に工事をする部分とで、金額にバラツキが出ます。しかし費用面では、新築にかかる費用に比べれば安く上がります。また、工事日程も短期間で済むのもうれしいですね。

ただし、物件の状態により費用が変動しますので、内容を見極めることも必要になります。

POINT

居抜き物件はそのまま使える部分と、手を加えなければならない部分と、イメージ変更の為に工事をする部分とで、金額にバラツキが出ます。しかし費用面では、新築にかかる費用に比べれば安く上がります。また、工事日程も短期間で済むのもうれしいですね。居抜き物件の場合の費用相場は坪単価15~20万円です。

改築物件の場合

改築の場合、一部分を取り壊すか、またはすべてを取り壊して新しく作り直すことです。すべてを取り壊しても、基礎の部分は残りますので、新築よりは費用が抑えられ、イメージ通りに仕上げられます。

POINT

セット面の増設やシャンプーブースの増設などに伴う工事や、イメージチェンジ、レイアウト変更に伴う工事など、現状からステップアップするときに改装工事が行われることが多い。改装の場合の費用相場は坪単価25~30万円です。

美容室の内装工事費用を安く抑えるコツとは?

美容室の内装工事費用を安く抑えるコツとは?・・・#美容室 #内装 #内装工事費用

ここでは、美容室の内装工事を安く抑える秘訣をお教えします。

業者の中には状況を無視して高額な見積もりを出してくるケースもあります。必ず、予算とイメージ、セット面やシャンプーブースの数を初めに伝えておきましょう。そこを無視した金額の場合、それ以降の取引は考えられません。丁重にお断りします。

内装業者の選び方次第で価格が大きく変わることもあります。その為には、同じ条件を伝えて、数社の相見積もりを行い比較検討することが重要になります。当然、相見積もりすることも業者に伝えることにより、競争の原理を働かせることで、安くなるケースが多く見られます。

さらに、デザインの設計から施工工事まで一貫して行える業者を選択することです。ここは大事な項目になります。デザインは○○、施工は△△、など施主がそれぞれに発注していたら、工期日程までこちらで管理する羽目になります。一貫して行えることにより、コストも抑えられるはずです。

POINT

オーナー自身のイメージを確立しておき、サロンのコンセプトを明確化し、こだわる部分はこだわり、妥協できる部分は削減していきます。ただ安くするのではなく、全体のバランスを考えることが重要になります。

施工業者をしっかり選ぶ

施工業者の選び方・・・#美容室 #内装 #施工業者

こちらでは施工業者の選び方を紹介していきます。知り合いや、親戚などで内装業者の方がいらっしゃる場合は、色々な兼合いでそこにお願いしなければならない事情もあります。

ただ、デザインや図面から施工の全てを任せられるのであればお願いしてもいいですが、工事内容別に施主がそれぞれに発注しなければならないのであれば考えなくてはなりません。コストもそうですが、スケジュールを管理するのが大変です。個別だと、一部の業者の工期が1日遅れた事により、ここが出来ないと次に進まないなど、スケジュール上のトラブルに見舞われることがほとんどです。取引のあるディーラーさんなどに紹介してもらうのも一案です。

いずれにしても、一業者にお願いすることで、全てがお願いできる業者を選択された方が、コスト面や工事期間の短縮など、メリットがあります。美容室の内装工事の実績がある業者だと、経験豊富で現場対応もしてくれますのでお勧めになります。イメージや予算、サロンのコンセプトや展開方法など、より具体的に伝えることで、業者からの提案もあるはずです。予算に合わせた十分な打ち合わせを行い、描いたイメージを形にしていきましょう。

相見積もりは必ず取る

相見積もりは必須!・・・#美容室 #内装 #相みつ

費用を抑えたいなら、面倒でも相見積もりは行いましょう。同じ内容を伝え、2~3社で見積もってもらいます。

当然、相見積もりをしている事も業者に伝えます。

業者のチェックポイント
  • 見積もりが出てくるまでの日数
  • 見積額
  • 工事期間
  • 支払い条件
  • 提案内容/li>

etc…

これらを細かくチェックしていきます。

比較検討することで、よりイメージが具体化され、より良いものに仕上がる業者が選択できます。相見積もりをしている事を業者に伝えておくことで、競争の原理から、どの業者も受注につなげる為にいろいろな提案や、より良い条件を提示し、見積額につながってきます。

その他の工事費節約方法

内装工事において、もっと節約できるところもあります。店舗が決まると、イメージが先行し過ぎてあれもこれもになりがちになります。すると、見積額を見てびっくりしてしまう事や、いざ請求書が届いて慌ててしまう事など後悔することもあります。

POINT

初期費用をおさえ、予算額内で施工してもらう為には、後から追加で発注することの必要性を検討し、最初から必要なのか、しばらくたってからでもいいのか、工事に合わせて行った方が良いのかをしっかりと見極めることが必要です。

また、椅子や什器備品、シャンプーブースなどの美容機材など様々な設備と備品も含まれます。今は、中古品でも新しい物や、新品同様にきれいなものも販売されていますので、物によっては新品にこだわる必要はありません。中古品でも十分対応できる物もありますので、チェックしておくのも賢い選択技にもなり、節約にもつながります。

ポイントを押さえて賢く依頼しよう!

美容室の内装工事費用を安く抑えるコツとは?・・・#美容室 #内装 #内装工事費用

開業資金の半分以上を占めてしまう内装費用ですが、当然高額になってしまいます。コツをつかめば、費用を安く抑えることも出来ます。相見積もりを行い、どの業者にお願いすればトラブルなく進められるのかを検討しなければなりません。

金額だけでなく、工事日程やその後のアフターフォローの対応なども聞いておきましょう。オープン日を延期することのないように、ご自身での日程的なスケジュールを組んでおくことをお勧めします。物事には段取りが必要ですから、時間にも余裕を持っておかなければなりません。

また、店舗はイメージ通りに仕上げてお金をかけても、バックルームやお客様の目に付かない部分などではクロスなどを貼らずにむき出しのままだったりと費用を削減できるところはいくつかあります。オープン後も何かと入用な費用ですから、少しでも節約しておきたいものです。節約のポイントをしっかりと抑えて、お客様にも喜んでいただけるイメージ通りの店舗に仕上げてくれる業者に依頼しましょう。

まとめ

ここでは、新店舗をオープンさせるまでの節約術について解説してきましたが、節約だけではありません。一番大事なのは、お客様が笑顔で気持ち良く晴れ晴れとお帰りになること。

そして、また足を運んでくださること。その為の店舗ですから、必要な所には必要な金額を投資しなくてはなりません。その分、節約できるところで節約していく。そのバランスが必要とされます。

店舗だけでなく、営業展開上に必要な所は何なのか、接客は、スタッフは、メニューは、技術は、商品は、POPは、売上管理は、予約システムは、SNSは、広告は、販促物は、などなどまだまだあります。
店舗と言う箱が出来上がり、そこを稼働していくソフトの部分が色々あります。美容室としてお客様に評価してもらえる店舗づくりですが、あれもこれもにならないように予算に合わせて、その中で最大限イメージをつくり込んで行きましょう。

関連記事