SNSは、すぐには成果が出ない?

SNSイメージ

昨年の12月より美容事業部で
SNSでの集客にチャレンジしましたが、
結果、4月の動員は散々な数字でした。
世の中では、SNSで集客できるような風潮でしたが、これは何年も前からコツコツ投稿し文化を作り、フォロアーさんが何千人以上もいる方の話です。
エアーの木村さんも、SNSで集客はできないと言っていました。
気づいたのが遅かったのですが・・・(笑)

もっと早く気づいていれば、ちゃんとできたのかもしれませんね。

今後SNSは、必ず大きな集客、求人の要になっていきます。
特に、僕と同じ年代のSNSの苦手な方に読んでほしいと思います。

まずは、何でも良いのでSNSを一つ始めてみてください。
やってみると、結構楽しくなりますよ。

営業中の電話予約に困っている・・・

そんなサロンオーナーさんはいませんか?

もちろん予約自体が入ってくることは非常にありがたいことですが、サロンワークをする中でこういうときには「電話がかかってこないでー!」というときもあると思います。

お客様とのお話でよく耳にするこんな時は困るというのは、

■シャンプー中

■お会計中

■店販商品オススメしている途中

などなど、

 

結果として、お店に実際にご来店いただいているお客様をお待たせしてしまうこともしばしば。電話の予約だけならいいですが、予約の変更・キャンセルのお電話ももちろんかかってきます。

 

そんなこともあってか、サロンやスタイリストの方々に今多く使われているのがSNSでの予約受付だと思います。InstagramのDMやLINE@など。

これらであれば施術中に手を止める必要がなく空いた時間に確認返信が出来ます。

ただ一つ手間なのは内容を確認しキャッチボールをしなければいけないこと。電話でのキャッチボールはその瞬間に終わりますが、DMやLINEなどは返信が必要となります。営業終わりにまたスタイリストはもう一つ仕事をしなければなりません。もしくは、自宅でやり取りをしなくてはなりません。

 

 

Mobiusのアプリであれば一切の無駄を省きます。基本的に予約の入れる時間はお客様が混雑状況を確認し、お客様自身で入れていただきます。変更もキャンセルも一緒です。

もちろん予約が入ったことや変更キャンセルがあったこともメールでお知らせします。

 

よりサロンワークに集中し、来店されているお客様が居心地のいいサロンづくりをお手伝いいたします。

詳しくはコチラ
美容室POSレジならインフィニィティ

美容師さんのSNS勉強会に参加しました

SNS勉強会

 

勉強会

4月17日。
弊社も加わっております「ムゲングループ」の上期政策勉強会が行われました。
その一コマ、SNS勉強会の写真です。

外部講師をお招きしてお話いただきました。
今回の講師はいろいろなご縁がありまして、
松本市にありますNICOLAの笹崎さまと村口さまにお話をいただきました。

笹崎さまブログ
http://nicola-sasazaki.com/archives/5404

写真のように、みなさんちゃんと集中して聞いておりました。
弊社社長の町田も写真の中で取り入れることが無いか集中して聞いております。

 

もちろん営業担当も、お客様の先でお話することが無いか頑張って聞いておりました。
是非、営業が伺いましたら「SNSって~…」とお聞きしてみてください。

 

その人のひととなり

今回のお話をお聞きして感じたのは、
「その人のひととなりを気にする。人との触れ合いを求めている。」
のだなぁと思いました。

例えば、美容師さん・サロンのインスタグラムは
「スタイル」
な写真が多いですが、それより反応が大きいのは
「他の人と撮ったり、プライべ―トの内容」
だったりします。とのことでした。
もちろん、全てプライベートだとそれはそれで

  • 統一感
  • ターゲット層

がブレてしまうので、メリハリが必要なのだと感じました。
ラーメンばっかのスタッフさんは、ラーメン屋・食事系の人しか反応しない。なんて人もお店にいます(苦笑)

あと、昨日スタッフの会議に議事録参加させてもらいましたが、その際に
「ネタがない」
という声がやはり多かったです。

まずはコンセプトや、ターゲット層を考えながらも

  • 必ず毎日なにかしら投稿

して、投稿する癖をつけて、反応を見て軌道修正・小技を繰り出すのが良いかもしれません。

 

がちがちにコンセプトやターゲットを決めてしまうと、修正しづらいし、投稿もしづらくなってしまい、続かないという風に感じました。

いろいろなアプリや手段を考えて、なるべくラクをしながら「毎日投稿」を出来ると良いのかもしれません。

継続は力なり