美容室経営にまつわるちょっとした疑問にお答えします。「開業・経営に不安がある」という方の助けとなるQ&Aが満載!「これってどうなの?」のヒントを見つけてみてください。

美容室経営Q&A

お悩みのカテゴリから探す

開業Q&A

A
美容室を開業する際にはインフラを整備する必要があります。

その中でも集客ツールと顧客管理ツールは必須となります。集客ツールとしてはホットペッパービューティーが非常に強い集客率を持っています。よくあるパターンとして新規集客ツールにお金をかけ顧客管理ツールまで準備できないことがありますが美容室業における理想の売上のあげ方は新規→固定客に繋げることです。そのためにも新規集客にかけるお金の3分の1は顧客管理ツールを導入しましょう。

A
美容室を開業する時には土地・テナント選びが重要になります

詳しい顧客分析からお客様にあった通知を送ることでリピート率をUPさせることが可能です。既存客の動向や新規客の導線などお客様がどのように来店され集客できるのか?を考えたうえで選びましょう。

詳しくは『美容室の新規オープンまでの流れを徹底解説〜失敗しない独立方法』で解説しております。

A
開業するにあたり必要な工程数はおよそ9工程に分けられます
  1. 1.コンセプト立案
  2. 2.事業計画策定
  3. 3.物件探し
  4. 4.資金調達
  5. 5.店舗装飾
  6. 6.人材採用
  7. 7.開業手続き
  8. 8.集客活動
  9. 9.店舗オープン
A
美容室を開業するために特別な資格は必要ありません

開業した美容室で自身がスタイリスト・アシスタントとして働く場合は【美容師免許】が必要となります。また、親族以外の従業員を雇用する場合は1店舗につき1人【管理美容師】の資格が必要となります。

生産性Q&A

A
人事生産性とは「1スタッフがその月の売上をいくらあげたか」になります。

美容業は他業種と違いアシスタントやフロント等、業務補助を行うスタッフも多くいるため単純売上=生産性ではありません。

生産性は50~60万円が一般的と言われていますが目標値は80~100万円になります。

A
まずご確認頂きたいのは予約のブッキングによる弊害です。
予約ブッキングの弊害
  • ブッキングしてしまいお客様が座る席もなく立ってお待ちいただく
  • お客様の施術を+1時間以上オーバーしてしまう
..etc

こんなブッキングは確かに早急に対策を立てる必要があります。ですが生産性の最大化にはある程度予約を重複する必要があります。

詳しくはオンラインサロンにて解説していきます。

A
美容室運営においてお客様の電話対応は大きな課題の1つです。

電話対応の作業軽減するためにはITツールの導入が効果的です。詳しくは電話対応をシステム化をご参考ください。

また実例として今まで電話でのご予約受付作業もアプリやWEBから予約ができることで自動化され、ご予約の電話応対も7割削減が見込めます。月間500名来店店舗の場合、電話でのご予約の方およそ4割の200名 この7割140件の電話応対が削減されます。1件10分の場合、1400分23時間以上の作業軽減された実例も存在します。

A
まず、なぜ生産性があがらないのかを正しく理解しましょう。

可能性としては

  1. 1.売上に対しスタッフ人数が多い
  2. 2.労働時間に対して売上が低い
  3. 3.売上は十分だが粗利が低い

大まかにはこの3つに分別されると思います。まずは自店の原因を正しく理解し対策を行う必要があります。

A
人事生産性の計算式は以下になります
  1. 1.人事生産性=粗利÷総労働時間
  2. 2.粗利…総売上−材料費
  3. 3.総労働時間…働いた時間の総計(拘束時間−休憩時間)

例)総売上240万−材料費10%=粗利180万円の場合

〇 スタッフ人数3名(労働22日×8時間)=528時間
〇 240万円÷528時間=4,545円

このように人事生産性を求めることができます。少ない時間で粗利をいかに上げるかが非常に重要になります。

他業種の人事生産性も参考までに記載しておきます。

  1. ・ファミリーレストラン:2,787円
  2. ・ファーストフード:3,240円
  3. ・居酒屋3,480円
  4. ・スーパーマーケット:4,143円
  5. ・ドラッグストア:4,480円
  6. ・ホームセンター4,634円

集客Q&A

A
美容室でのSNS集客で一番相性がいいのはInstagramになります。

写真・動画でお客様へ視覚的に訴えることができるため美しいカラーなどとの相性が抜群です。しかし毎日投稿やニーズに合った投稿など調べる必要があります。

A
集客コストを下げるためには再来顧客を増やすことが重要です。

そのため新規顧客をどれだけ囲い込めるかが重要になります。そのためには顧客管理ツールの導入が必須になります。

詳しくは以下のコラムにてご紹介しておりますのでご確認ください。
A
タスペトリ―の効果は集客力にあります。

店頭に設置することにより今どんな取り組みをしているのか。何を発信しているのか、どんな店舗なのかを通行人へ伝えることができます。また2階以上の空中店舗の場合はお客様から認知されづらいためこのタスペトリ―が非常に有効的です。

弊社でもタペストリー作成を承っておりますので一度ご相談ください。

A
はい。美容室に限らずどの業種でもホームページは必須になります。

SNSの発達によりホームページを持たない店舗が増加していますがSNSだけでは多くの年代へのアプローチが不可能になります。幅広い年代へアプローチをするためにもホームページは必須になります。

弊社でもホームページ作成を承っておりますので一度ご相談ください。

A
出店地域によって新規集客の方法は様々ですが集客ツールの利用はマストになります

特に20~40代のゴールデンゾーンを獲得していく場合ホットペッパービューティーがおすすめです。 またポスティングやリーフレット、紹介なども現在も非常に有効な手段となります。

詳しくは以下のコラムにてご紹介しておりますのでご確認ください。

リピート率Q&A

A
顧客情報の分析をするためにはまず顧客情報を正しく管理する必要があります

そのためには顧客情報を入力できるPOSシステム、店舗が欲しい分析機能がついているものを用意しましょう。

顧客分析について以下のコラムも参照してください。
A
美容室における各リピート率の平均は25%~35%となっています。

計算式 リピート率(%)= リピート顧客数(人) ÷ 累計新規顧客数(人) ×100

A
失客したお客様へのアプローチ方法は様々です。

DMやお電話、メール等店舗にあったアプローチ方法が有効となります。ですがこれらは都度作成する手間や費用が発生してしまいます。そんな時に自店アプリがあればプッシュ通知でお気軽に送ることができます。

A
リピート率強化にはアプリ活用が非常に有効です。

詳しい顧客分析からお客様にあった通知を送ることでリピート率をUPさせることが可能です。実際に導入事例としてリピート率が12%から40%に増加した実例もあります。

ブランディングQ&A

人材Q&A

 

提供サービス