LINEの予約システムは必要? 導入方法や公式アカウントの使い方を紹介

LINEの導入方法や活用についての説明

LINEの予約システムとは、店舗の予約情報を管理できる仕組みのことをいいます。本記事では、LINEの予約システムについて仕組みや導入の手順、使い方・活用方法などを紹介します。

お店の予約管理や集客を効率化して売上アップを目指したい方は、ぜひ参考にしてください。

目次[表示]

目次[非表示]

集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius
パソコンと資料

LINEの予約システムが業務管理に最適な3つの理由

スマートフォンのLINEアプリのイメージ

従業員に代わって予約の受付や顧客対応、顧客のデータなどを自動的に管理してくれるのが、予約システムです。

業務管理に向いている理由として、次の3つが挙げられます。

  • ブッキングやドタキャンの防止
  • 予約の受付業務の効率化
  • 集客効果の向上

一つずつ解説していきます。

ブッキングやドタキャンの防止

対面や電話で予約を受け付けると、従業員による予約ミスやブッキング、お客様の予約忘れによるドタキャンが発生しかねません。

予約システムを活用すればお客様が自分で予約手続きをするようになり、漏れなくスムーズな予約体制がとれます。また、リマインダー通知機能を活用することで、お客様の予約忘れ防止にもつながります。

予約の受付業務の効率化

LINEで予約ができるシステムを活用すると、対面や電話でよくある「予約の連絡→空きを確認→予約確定(台帳に記載)」という流れを効率化できます。

お客様に必要な情報を選択・入力してもらうだけで良いため、従業員は予約に関わる業務を効率化でき、本来やるべき業務へ注力しやすくなるでしょう。

集客効果の向上

LINEの月間利用者数は9,200万人を超え、国内SNSのなかでも多くのユーザーが利用しています。お客様にとってより身近なSNSを使った予約システムを導入することで、気軽に予約フォームを利用しやすくなります。

お客様は営業時間に関わらず予約システムを利用できるため、手の空いた好きなタイミングで予約してもらうことが可能です。

予約システムで使える機能

スマートフォンを持って喜んでいる女性

予約システムを導入するのにあたり、主に活用されているのが次の4種類の機能です。

  • 予約受付
  • 予約状況の確認
  • 予約の通知
  • クーポン配信

それぞれの機能について、解説します。

予約受付

メインの機能となるのが、予約の受付です。友だち登録のURLやQRコードなどから店舗のLINE公式アカウントを登録し、オンライン上でスムーズに予約を入れられます。

予約フォームを活用することで、お客様は来店日や来店時間などの必要な項目を選択するだけで予約が完結し、店舗側は簡単に予約スケジュールが把握できるようになります。

予約状況の確認

お客様が予約を完了したのと同時に、自動的に予約台帳へ予約の内容が記載されます。

正確な予約状況が確認できるほか、予約日時や人数の変更、書き換えなども簡単にできます。従来のように紙で予約を管理するよりも、正確で効率的な予約体制を取ることが可能です。

予約の通知

お客様が予約を終えると、台帳への記載とともに店舗側には通知が届きます。また、予約の変更やキャンセルがあった時にも通知を設定できるため、リアルタイムで正確なスケジュール管理が可能です。

クーポン配信

予約機能のほか、LINEからお客様へクーポンを配信することも可能です。自動的にクーポンが配信されるように設定したり、適用条件に合わせて配信先を変更したりできます。

お客様にとって身近なLINEでクーポンを配信することで、お得な情報の見逃しを防げます。クーポンを理由に来店するお客様もいるため、集客率の向上にも効果が期待できます。

LINEに予約システムを導入する手順

スマートフォンを操作している様子

店舗の予約システムを導入する手順は、次の通りです。

  1. システムを選ぶ
  2. アカウントを作成する
  3. それぞれのツールを連携する
  4. お客様への自動メッセージを設定する

それぞれ解説しますので、確認していきましょう。

システムを選ぶ

まずは、LINEとの連携が可能な予約システムのなかで、どのサービスを利用するかを選びましょう。ツールの使いやすさや店舗が求める機能の有無、予算などから比較検討し、最適なサービスを選ぶことが大切です。

アカウントを作成する

次に、LINE公式アカウントを作成しましょう。作成にあたり、個人のLINEアカウントもしくはメールアドレスが必要になるため、事前に準備しておくようにしてください。

アカウントの作成方法は、LINE for Businessの「LINE公式アカウントの開設」から行えます。

以下のURLより登録できます。

それぞれのツールを連携する

続いて、LINEと予約システムのそれぞれのツールを紐づけていきます。

サービスによって必要な設定が異なるため、各サービスのマニュアルを参考に設定していきましょう。

LINEのアカウント連携は数日かかる場合があるため、システムの公開日からある程度余裕を持って手続きを済ませておくと安心です。

お客様への自動メッセージを設定する

最後に、予約を希望するお客様に向けたメッセージを作成し、フォームへと誘導しましょう。

お客様に向けたメッセージをあらかじめ設定しておくと、必要に応じてメッセージが自動配信されます。「予約はこちらから」のような文言を追加しておき、お客様が行動しやすい環境を整えておくと良いでしょう。

LINE公式アカウントの使い方・活用方法

スマートフォンを操作している女性

LINE公式アカウントを使って予約を受け付ける方法は「メッセージのやりとり」もしくは「予約フォーム」の2種類に分かれます。

それぞれの使い方について解説します。

メッセージのやり取り(手動で予約を受け付ける)

お客様からのメッセージに応じて日時やメニューの提案を行い、手動で予約手続きを進めていく方法です。

一人ひとりに細かな対応ができる反面、毎回LINE上でのやりとりが発生することにより、お客様だけでなくお店側にも労力が必要になってしまいます。

予約フォームでの作業(自動で予約を受け付ける)

追加時のあいさつメッセージに予約フォームへのURLを設置しておくと、お客様に自動的に予約フォームが配信されます。手動で予約するよりも、スムーズに手続きが進められます。

また、LINEのリッチメニューに予約フォームへ移動できるメニューを追加しておくことも、効率化ための一つの方法として有効です。

MobilusのLINE連携の特徴

LINEアプリ連動

Mobilusでは、従来の電話や対面でのサポートを自動化し、業務を効率化するためのサービスを提供しています。

自動応答や問い合わせ目的ごとに顧客を誘導できる機能を備えており、LINEと連携して顧客導線を設定することで効率的な予約受付サービスの構築が可能です。

また、顧客をセグメントに分けてメッセージを配信することもできるため、より適切なサービスを案内しやすくなります。

以下のURLから詳しくみる

まとめ

予約フォームをお店の予約業務に取り入れることで、正確に予約を受け付けられたり、予約にかかる業務を効率化できたりします。お店側の効率化だけでなく、お客様もスムーズに予約が取れるようになるため、双方にメリットがあります。

これまで対面や電話などのオフラインで受付業務を行っていたのに対し、ツールを活用して業務を自動化できれば、そのほかの業務に時間を割けるようになります。空いた時間を使い、さらに集客に効果的な施策を考えたり、商品開発に時間を充てたりすることも可能です。

このようなサポートツールを活用し、集客や顧客対応を効率化させていきましょう。

  • 新人スタッフのスキルが一目でわかる【技術カリキュラムシート】

    スタッフ教育で大切なのは一貫性です。結果の出る練習と成長できる環境を用意してスタイリストデビューまでをサポートするスキルチェックシートです。
  • 《毎日欠かせない店舗の清掃》印刷して使える!店舗清掃チェックシート

    毎日欠かせない店舗の清掃。口頭でのチェックだと抜け漏れが発生するリスクもあります。印刷して使える「店舗清掃チェックシート」
  • 《リピート爆増!》オリジナルアプリ徹底活用

    『美容室のリピート率を上げて、安定させる』そんな仕組みをご存知ですか?お客様が新しい美容室を探す心理として一番多い理由は「今通っている美容室よりもっと良い美容室を探したい」という心理です。あなたの美容室にリピートしてもらうためにオリジナルアプリを活用してリピート率を上げるマニュアルです!

関連記事