リラクゼーションサロンの集客率を高めるための5つの方法とは?

リラクゼーションサロンの集客率を高めるための5つの方法について説明

リラクゼーションサロンは全国に多く存在するため、効果的なプロモーションや集客手段を活用し、顧客を獲得していく必要があります。

とはいえ、どうやって集客したら効率が良いのか、他店と差別化するためにはどうすべきか分からないという方も多いのではないでしょうか。

美容師求人を作成する際のポイント
集客しないことには経営できない…。

本記事では、リラクゼーションサロンの集客を効率化するポイントや、おすすめの集客方法について紹介します。集客効果を高め、利益を最大化していきたい方はぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius
集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius

近年増え続けるリラクゼーションサロン・マッサージ店

マッサージの施術をしている様子

昨今、リラクゼーションサロンやマッサージ店は増加傾向にあり、コンビニエンスストアを上回るほどの店舗数だといわれています。

そのなかでもさまざまな業務形態があり、国家資格を必要とする接骨院・整骨院や、エステを中心としたリラクゼーションサロンなど、そのほかにも異なる施術内容やサービスが存在します。

このように幅広いジャンルの中から集客していくためには、戦略的なアプローチを行い、新規顧客とリピート客を獲得していかなければなりません。そのため、リサーチを徹底し、ターゲットのニーズに合ったサービスを展開していく必要があります。

リラクゼーションサロンの集客を効率化するポイント

笑顔の女性

店舗で効率的に集客するためには、次のポイントを押さえておきましょう。

  • コンセプトを明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 価格設定は慎重に行う
  • 予約までの動線を簡単にする
  • リピート客を増やす

集客方法にはさまざまな種類がありますが、全ての方法における成功のコツとして、前提としてこれらのポイントがカギとなります。

それぞれ解説しますので、確認していきましょう。

女性
まずはこれらのポイントをおさえていきましょう! 

コンセプトを明確にする

店舗のコンセプト(経営方針・雰囲気・メニューなど)は明確にし、他店と差別化できる内容にしていきましょう。

顧客が来店するメリットは何かを策定し、他店より優れている部分について考えてみてください。それが店舗の強みとなるため、コンセプトとしてアピールしていきましょう。

また、価格面で差別化しようと料金を下げると、低価格競争に巻き込まれてしまいます。そのため、特殊な技術やターゲットごとの詳細な悩みに向けたサービスで差別化できると良いでしょう。

ターゲットを明確にする

どのようなビジネスにおいても、ターゲットを明確にしなければ成功することはできません。また、リラクゼーションサロンの場合は特に全国において店舗数が多いため、より細かくターゲットを絞り、具体的な悩みに特化したサロンを作ることも効果的です。

例として、「40代から50代の女性」をターゲットに集客を行う場合、それだけではターゲット像として幅が広すぎるため、競合店と差別化できないでしょう。

この場合は、さらにターゲットの悩みまで深掘りし、「最近更年期気味で体の不調が目立っている人」「アンチエイジングに効果のあるサロンを探している人」など、ニッチな悩みに絞ってアプローチすることもできます。

あくまで例ですが、このように明確なターゲット選定が重要です。

POINT

・ターゲットを明確に、細かく絞る
・ターゲットの悩みまで深堀りし、アプローチする

価格設定は慎重に行う

多くの人に利用してもらうために低料金に設定したり、値下げを検討したりするかもしれませんが、価格設定は想像以上に慎重に行う必要があります。

値下げをすると来店数の増加が見込めるかもしれませんが、その分対応に追われるだけになってしまい、利益は増えません。そのため、相当な資金力がない限り値下げは避けるべきといえます。

また、安くするほど顧客は安い理由を考えるため、スタッフの技術やサービスの質、人気のなさなどを疑われやすくなってしまいます。

POINT

・安易に値下げをすると、対応に追われて利益にならないので注意
・安いと質や人気を疑われ、逆効果になる場合もある

予約までの動線を簡単にする

サロンの集客において、さまざまな方法で認知を高めることは重要ですが、予約までの動線は簡単にすることがポイントです。

複雑な手順を踏まなければ予約できなかったり、わざわざ検索し直して別のサイトに飛ばなければならなかったりすると、その分ユーザーは離脱しやすくなってしまうでしょう。

そのため、サロンを認知してから予約するまでの動線はできるだけ簡潔なものを用意し、来店しやすい仕組みを作ることが大切です。

リピート客を増やす

リラクゼーションサロンは心身のリラックスや癒し目的に来店する人も多く、1回の施術で終了だと考えがちです。

しかし、店舗の利益を継続化するためにはリピート客を増やす必要があるため、その仕組み作りが欠かせません。

顧客側の視点に立って考え、どのような店舗がリピートしたくなるのか、そのためには何をすべきかを策定していきましょう。

嬉しそうな女性の画像
「また行きたい! 」と思われるようなお店にしたいな

リラクゼーションサロンでおすすめな5つの集客方法

サロンの空間

ここでは、おすすめの集客方法として次の5種類を紹介します。

  • チラシ
  • Web広告
  • Webサイト
  • ブログ
  • SNS

それぞれ特徴を解説しますので、店舗に合った集客方法を考えてみてください。

チラシ

チラシは、店舗の周辺に生活する人に対し、直接情報を届けられる集客方法です。配布するエリアは細かく絞り込めるため、費用対効果の高い集客効果が見込めるでしょう。

ただし、チラシは配布すれば良いとは限らず、ターゲットにとって価値のあるものでなければ効果がありません。そのため、誰に来店して欲しいのかを明確にし、見込み客が自分に向けたものであると認識できる内容にしましょう。

POINT

・ターゲットを明確にすることで、費用対効果の高い集客効果が見込める

Web広告

Web広告のなかでも、リスティング広告がリラクゼーションサロンには向いているといえます。リスティング広告はクリック課金制の広告であり、キーワードを指定して出稿することができます。

しっかりとリサーチしたうえでキーワードを選定し、効果を測定しつつ運用していくことがポイントです。

POINT

・リスティング広告が効果的。継続的に効果を測っていくことが必要

Webサイト

店舗のWebサイト・ホームページを作成し、基本情報や営業案内を掲載する方法もあります。

口コミサイトなどでは全ての情報を掲載することはできませんが、自社サイトであれば情報を整理しさまざまな角度からの訴求が可能です。

また、店舗の強みをアピールできるようなキャッチフレーズを掲げ、ターゲットに向けて興味を惹く内容にしていきましょう。

ブログ

自社メディアとして、ブログを作成し更新していくことも集客方法の一つです。WordPressなどのツールを使用すれば簡単にブログを立ち上げられるため、開設できたら記事を投稿していきましょう。

投稿する記事は、ターゲットにとって有益な情報であることを前提とし、マッサージや健康に関する情報を発信したり、実際の施術内容について紹介したりすると効果的です。

ブログを読んだユーザーが、来店したいと思えるような情報発信をしてみてください。

POINT

・ユーザーにとって有益な、興味のある情報を発信していく

SNS

InstagramやTwitterのほか、YouTubeなども含めたSNSも、集客に効果的なツールです。

特に、写真や動画で施術の内容や技術について伝えやすいInstagram・YouTubeは、リラクゼーションサロンにおいて相性が良いといえます。

また、Instagramでは、予約ボタン機能を活用することでプロフィールページからそのまま予約サイトへリンクを送ることもできます。

男性の画像
SNSから情報を得ることも多くなってきたね

まとめ

今回は、リラクゼーションサロンの集客について、押さえるべきポイントや具体的な集客方法を紹介しました。

集客に効果的な方法はさまざまなものがありますが、それぞれの特徴を理解し、店舗に合ったものを活用することが大切です。

また、大前提として集客のポイントを意識したうえで施策を打たなければ、効果が半減してしまいます。紹介した5つのポイントを徹底し、費用対効果の高い集客効果を目指していきましょう。

集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius
パソコンと資料

関連記事