美容院の予約なし来店はどう対応すべき?次回予約でリピートを増やすコツも解説

美容院の予約なし来店はどう対応すべきかや、次回予約でリピートを増やすコツについての説明

美容院を予約してから来店するお客様が多いとはいえ、中には予約なしで来店されるお客様も少なくありません。とはいえ、混雑時や予約枠が埋まっている場合など、どう対応すべきか悩んでしまったことがあるのではないでしょうか。

本記事では、美容院へ予約せずに来店した方への対応方法や予約を受け付けるメリット、予約なし来店を防ぐためのポイントなどについてまとめました。

予約は効率的なサロンシステムを作るために重要なポイントとなるため、ぜひ最後までご覧ください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

予約管理をもっと簡単に!SNSと相性抜群の予約システム「Gil」10月末までにお申し込みの方限定で月額使用料3ヶ月無料!予約管理をもっと簡単に!SNSと相性抜群の予約システム「Gil」10月末までにお申し込みの方限定で月額使用料3ヶ月無料!

美容院の予約なし来店はどう対応すべき?注意点を解説

お客様の髪を洗うサロンスタッフ

美容院スタッフの方で、「予約してないけど、やってもらえますか」と、当日に予約なしで来店されたお客様への対応に困惑してしまったことがある方は多いのではないでしょうか。

まずは、対応できるケースやそれぞれの注意点について、3つ確認しましょう。

対応できるが、待ち時間が発生する

美容院に予約なしで来店されるお客様には、柔軟な対応が求められます。できるだけ早く対応したいところではありますが、他の予約客がいる場合は、待ち時間が発生する可能性もあります。

ここで大切なのは、お客様に待ち時間を理解してもらえるよう、丁寧なコミュニケーションを心掛けることです。

また、待ち時間を楽しく過ごせるよう、雑誌やドリンクサービスを提供すると良いでしょう。そうすることで、お客様がリラックスできる環境を整えられます。

嬉しそうな女性の画像
雑誌やドリンク嬉しい〜

予約が多くて対応できない場合もある

予約なしでの来店は、事前の予約数が多く対応できない場合があります。その際には、予約優先となるため、スタッフの対応が追いつかず、予約なしで来店されたお客様をお断りしてしまうこともあるでしょう。

こういったケースを防ぐために、美容院側が事前に予約の数を把握し、対応できるスタッフの配置を工夫することも方法の一つです。さらに、予約なしのお客様ができる限り施術を受けられるよう、緊急時に対応できる時間枠を確保するといった方法もあります。

POINT

・予約なしでご来店されるお客様を想定し、人員配置を行う。

いつものお客様を担当できない可能性がある

予約なしでの来店には、いつも担当しているスタイリストがすでに予約で埋まっている場合があります。そのため、他のスタッフが担当することになるケースを想定し、事前に他のスタッフとコミュニケーションを図り、お客様のカットやスタイルに関する情報を共有しておくことが大切です。

お客様は安心して施術を受けたいと思っているため、いつもの担当者と遜色ないサービスを提供できるように心掛けましょう。万が一、満足いく結果が得られなかった場合には、次回予約時には元の担当者をリクエストできるよう案内すると、お客様がリピートしやすくなります。

男性の画像
担当していないお客様のことも意識しておかないとね

美容院を予約して来店してもらうメリットとは? 

スマをを操作している様子

では、予約して来店してもらうことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

サロン側のメリット

サロン側のメリットとして挙げられるのは、次の2点です。

  • 待ち時間なく施術を受けてもらえる
  • しっかりと準備をしておける

それぞれ解説します。

待ち時間なく施術を受けてもらえる

美容院を予約してもらうことで、サロン側はスムーズな施術の提供が可能となります。

予約なしでの来店の場合は突然のお客様に対応するため、他の予約客との待ち時間が発生することがありますが、予約をしていれば施術を受ける時間を待つ必要がありません。これにより、高い顧客満足度を感じてもらえるようなサービスを提供できるでしょう。

POINT

・お待たせせず、スムーズにご案内できる。

しっかりと準備をしておける

予約をしてもらうことで、サロン側は事前に予約者の情報を把握できます。お客様の要望や希望する施術内容を把握し、必要な道具やカラー剤などを準備しておくことができます。

そのため、施術がスムーズに進行し、お客様に満足していただける確率が高まるでしょう。また、予約状況を把握することで、スタッフの配置や時間管理も効率的に行えるため、サロンの運営全体にもメリットがあります。

男性の画像
準備できるだけで全然違うよね

お客様側のメリット

続いて、お客様側が美容院を予約するメリットとして、次の2点が挙げられます。

  • スケジュールを調整しやすい
  • 担当者の施術を受けられる

それぞれ確認しましょう。

スケジュールを調整しやすい

事前に予約を入れてもらうことで、お客様は自身のスケジュールに合わせて来店時間を調整できます。

忙しい日程や予定が詰まっている場合でも、予約を入れておけば待ち時間を最小限に抑えられるため、予約時間に合わせて来店してもらうことで待ち時間のストレスを避けられます。

また、予約をしていれば確実に施術可能なため、再来店の手間が発生しません。

POINT

・待ち時間も少なく、想定時間内で終わることで予定が立てやすい。

担当者の施術を受けられる

予約をしてから来店することで、希望する担当者が対応できる確率が高まります。

特定のスタイリストやスタイリストとの信頼関係を築いているお客様は、その担当者に施術してもらいたいと思うことが多いでしょう。予約をしておけば、担当者の予定を調整しやすくなり、お客様が希望するスタッフによる施術が受けやすくなります。

こうした連携が、お客様と美容院との信頼関係を深め、リピート率を高める要因となります。

女性の画像
担当してもらいたいから、予約する

美容院の予約なし来店を防ぐためには「次回予約」がポイント

お客様と鏡越しに笑顔で会話するサロンスタッフ

美容院は予約なし来店ではなく、事前に予約した上でお客様に来店してもらうことで、良質なサービスを提供できます。予約なし来店を防ぐためには、来店時に次回予約をしてもらうことがポイントです。

  • リピーター獲得に繋がる
  • 売上を予測しやすい
  • お客様はヘアスタイルを維持できる

上記3つの理由について、それぞれ解説します。

リピーター獲得に繋がる

次回予約は、リピーターを獲得するために非常に重要なポイントです。予約なしでの来店だと、お客様は忙しさや突発的な予定変更などでなかなか再来店が難しくなりますが、次回予約を促すことで次の来店日を確保しやすくなります。

リピーターを増やすことで、定期的な収益を安定させることができ、美容院の経営にとっても大きなメリットがあります。

POINT

・売上の予測がつき、経営面でも安心できる。

売上を予測しやすい

次回予約を推進することで、将来の売上をより正確に予測することが可能になります。

予約なしでの来店だと来客数が不安定になり、売上の変動が大きくなることがあります。しかし、次回予約を積極的に行ってもらうことで、ある程度の来客数を把握できるため、売上の予測が容易になります。

これにより、スタッフのスケジュール調整や在庫管理などの経営上の課題をより効率的に解決できるでしょう。

女性
見通しが立てやすくなって運営しやすくなりますね

お客様はヘアスタイルを維持できる

次回予約は、お客様が理想のヘアスタイルを維持するためにも大切といえます。

美容院で施術を受けた後、ヘアスタイルは次第に成長や変化していきますが、ヘアスタイルを維持するためには定期的なカットやトリートメントが欠かせません。次回予約をしておけば、お客様の都合に合わせて定期的なメンテナンスが可能となり、いつも美しい髪を楽しんでもらえるでしょう。

お客様が満足しているヘアスタイルを維持できることは、リピート率向上にも繋がります。

POINT

・お客様にご満足いただければ、再来店にもつながる。

美容院で次回予約をしてもらうためのコツ

街中でスマホを見ている女性

最後に、次回予約を促す際のポイントとして次の3点を紹介します。

  • お客様がリピートしたいと思うサービスを提供する
  • 施術中にヘアスタイルを維持できる期間を伝える
  • 次回予約することの利点を伝える

1つずつ確認しましょう。

お客様がリピートしたいと思うサービスを提供する

お客様が次回も美容院を利用したいと思うためには、満足のいくサービスを提供することが大切です。

カウンセリングを重視し、お客様の希望や要望を正確に把握することで、お客様が求めるヘアスタイルやトリートメントを提供できます。

また、施術中や施術後に細やかな気配りをし、お客様がくつろぎながらサービスを受けられるよう配慮することが欠かせません。良質なサービスを提供できれば、お客様に次回も利用したいと思ってもらいやすくなるでしょう。

女性の画像
また行きたいって思ってもらえる美容室にしたい

現在のスタイルを維持できる期間を伝える

次回予約を促すためには、お客様がヘアスタイルを維持できる期間を正確に伝えることが重要です。施術後のスタイリングのコツやヘアケア方法を丁寧に説明し、ヘアスタイルの特徴や特性をお客様に理解してもらいましょう。

また、次回予約のタイミングに合わせて、ヘアスタイルが落ち着く期間を考慮して説明することで、お客様が次に来店する日時をスムーズに決めやすくなります。

POINT

・ヘアスタイルがキープできる期間を伝えておくと、次回の来店目安も伝えることができる。

次回予約することの利点を伝える

お客様に次回予約を促す際には、その利点をしっかりと伝えることが重要です。例えば、人気スタイリストの予約が取りやすい、特別なキャンペーンや割引が受けられる、予約なしでの待ち時間を回避できるなどのメリットを明確に伝えましょう。

お客様が次回予約することで得られる特典や便利さをアピールすることで、お客様は次回予約の魅力を感じ、積極的に予約を入れる可能性が高まります。

嬉しそうな女性の画像
お得があるなら行きたい

まとめ

今回は、予約なしで美容院に来店されたお客様への対応や予約をしてもらうことのメリット、次回予約の重要性などについて解説しました。また、次回予約を増やすコツについても紹介しましたので、ぜひ美容院のシステム作りに取り入れてみてはいかがでしょうか。

予約システムを上手く活用し、効率的に美容院経営を行えるようにしましょう。

予約管理をもっと簡単に!SNSと相性抜群の予約システム「Gil」10月末までにお申し込みの方限定で月額使用料3ヶ月無料!予約管理をもっと簡単に!SNSと相性抜群の予約システム「Gil」10月末までにお申し込みの方限定で月額使用料3ヶ月無料!

無料ダウンロード資料

  • 《リピート爆増!》オリジナルアプリ徹底活用

    【保存版】『美容室のリピート率を上げて、安定させる』そんな仕組みをご存知ですか?オリジナルアプリを活用してリピート率を上げるマニュアルです!

  • 実際に活用しているサロンオーナー様からの声 《 Mobius 導入事例集 》

    【保存版】Mobiusは全国各地のサロンオーナー様から高い評価を得ています!他社と比較しても機能が充実しているMobiusを実際に活用しているリアルな声を紹介します。

関連記事

新着コラム

経営のお悩み

無料のGoogleフォームで予約システムを構築できる?作成方法を徹底解説

経営のお悩み

美容室の帳簿は手書きと会計ソフトのどちらを選ぶべき?管理方法や注意点を解説

業務効率化

マツエクサロンに電子カルテは必要?メリット・デメリットや選び方を解説

経営のお悩み

美容室では予約表ではなく予約システムを使うべき?メリットや選び方を解説

業務効率化

個人サロンの成功は売上管理が肝!確認すべきポイントや効率化する方法を解説

業務効率化

ネイルサロンに予約管理システムを導入する効果とは? 注意点や選び方も解説

経営のお悩み

美容室にPOSシステムは必要?メリット・デメリットや選び方について解説

業務効率化

ネイルサロンに顧客管理システムを導入するには? 失敗しない選び方を解説

経営のお悩み

美容院の予約なし来店はどう対応すべき?次回予約でリピートを増やすコツも解説

経営のお悩み

美容院の予約管理を徹底して売上アップ!使える予約システムの機能や選び方

開業のお悩み

美容室の開業届を紛失してしまった!再発行の方法や控えが必要なタイミングを解説

導入事例

美容室におすすめのレジシステムとは?効率的な会計システムについて解説

一元管理、自動連携で予約管理をもっと簡単に 顧客管理・WEB予約システムならGil サロンの新規開業・多店舗運営に特化した予約管理システム Mobius(メビウス)