美容室にPOSシステムは必要?メリット・デメリットや選び方について解説

小売業界では、POSシステムを導入する企業が増加しています。美容業界もその一つで、POSシステムの重要性が高まっている現状にあります。

今回は、美容室にPOSシステムを導入するメリットやデメリット、システムの選び方についてまとめました。現在手動で会計業務を行っており、POSレジへの変更を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

POSシステムとは? 

タブレットを操作する女性の手元

まずは、POSシステムの概要と美容室向けのPOSシステムの機能について確認しましょう。

POSシステムの概要

POSシステムは、「Point of Sale」の略であり、販売業務における重要なツールとして、商品の販売、在庫管理、売上集計などを効率的に行うためのシステムです。

POSシステムは、キャッシャーレジやバーコードリーダーなどのハードウェアと、販売データの処理や管理を行うソフトウェアで構成されています。顧客情報や商品データを取り扱い、売上データの分析やレポート作成などの機能も備えているシステムもあります。

POSシステムは小売業やレストラン、ホテルなど様々な業種で利用され、効率的な販売業務の実現に貢献しています。

女性
あちこちのお店で見かけますね

美容室に導入すべきPOSシステムの機能

押さえておくべき機能として、次の3つが挙げられます。

  • 顧客管理機能
  • 予約管理機能
  • キャッシュレス決済
  • 売上分析機能

顧客管理機能では、顧客データの管理や会計時のデータ連携を行えます。リピーター戦略に適した機能もチェックしておくと良いでしょう。

予約管理機能では、スケジュール管理や予約情報の登録・共有ができる機能で、情報の伝達ミスを減らし業務効率を向上させます。顧客データとの連携機能についても考慮すると、効率的な店舗経営に繋がります。

また、金額の高い美容サービスを提供している場合、キャッシュレス決済が不可欠です。電子マネーやカード決済など、多様な決済方法に対応できるシステムを選びましょう。

そして、売上分析機能では、顧客のリピート状況や購買傾向を把握し、売上分析に活用できる機能があるかが重要です。スタッフや店舗ごとの状態を把握し、経営戦略に役立てましょう。

美容室の規模や経営戦略に合わせて、これらの機能を備えたPOSシステムを選ぶことがポイントです。

男性の画像
機能が充実しているね

美容室でPOSシステム搭載レジを使う5つのメリット

タブレットを持ち笑顔でこちらを見る女性

主なメリットとして、次の5つが挙げられます。

  • 業務負担を軽減
  • 人為的ミスの削減
  • 予約システムや在庫管理システムとの連携
  • 売上データの一元管理
  • カウンセリング業務の効率化

それぞれ解説しますので、自店舗に導入すべきかどうか、考えてみてください。

業務負担を軽減

POSシステム搭載レジの導入により、美容室の業務負担を軽減できます。

予約管理や在庫管理、会計処理などの煩雑な業務を自動化することで、スタッフの負荷を減らし、より効率的な業務運営が可能となります。

POINT

・スタッフの労働コストを削減できる。

人為的ミスの削減

POSシステム搭載レジは、人為的ミスを削減する効果があります。手作業での計算や記録ミスが減り、正確な会計処理やデータ管理が実現可能です。

これにより、顧客への誤った請求や在庫のミスを防ぎ、信頼性の高いサービスの提供に繋がります。

女性の画像
レジは確実に行えるのが理想だね

予約システムや在庫管理システムとの連携

POSシステム搭載レジは、予約システムや在庫管理システムとの連携が可能です。予約情報や在庫状況をリアルタイムで共有し、適切な予約管理や在庫管理ができます。

他システムとの連携によってスムーズな予約受付や適切な商品管理が行えるため、サービスの提供品質を向上させやすくなるでしょう。

POINT

・より正確な管理が可能になり、サービス向上につながる。

売上データの一元管理

売上データの一元管理が可能なシステムでは、売上情報や顧客データを統合的に管理し、分析やレポート作成を容易に行えます。

売上の傾向や効果的なマーケティング施策を把握し、経営戦略の立案に役立てられるでしょう。

男性の画像
自動的にデータができるから便利

カウンセリング業務の効率化

POSシステム搭載レジは、カウンセリング業務の効率化にも貢献します。

顧客情報や過去の施術履歴をデータとして活用し、より個別化されたカウンセリングや提案が可能です。顧客の要望や好みを正確に把握し、満足度の高いサービスを提供していけるでしょう。

POINT

・個々のお客様の情報を管理、共有できるため的確なアプローチをしやすい。

美容室にPOSシステムを導入する5つのデメリット

暗い表情でパソコン画面を眺める男性

POSシステムには、メリットだけでなくデメリットが存在することも押さえておきましょう。ここでは、次の5つについて解説します。

  • 運用する上でランニングコストが発生する
  • 導入した新システムに慣れる必要がある
  • 安定したインターネット環境が必要である
  • 停電や通信障害の際は使用できなくなる
  • 情報漏洩のリスクがある

それぞれの項目について、確認しましょう。

運用する上でランニングコストが発生する

POSシステム搭載レジの運用には、ランニングコストが発生します。さらに、ハードウェアやソフトウェアのメンテナンス、システムのアップデートなどに費用がかかる場合があります。

長期的な運用を考慮し、コスト面についても十分に検討しましょう。

美容師
想像がつかないね

導入した新システムに慣れる必要がある

導入後は、スタッフが新しいシステムに慣れる必要があります。操作方法や機能の使い方についてのトレーニングや研修が欠かせないため、適切な教育プログラムを用意し、スムーズに導入できる環境作りが大切です。

POINT

・導入までには余裕を持ってスタッフへの研修を行う。

安定したインターネット環境が必要である

POSシステム搭載レジは、インターネットに接続することで正常に機能します。そのため、安定したインターネット環境の整備が必要です。

通信トラブルやネットワークの不安定さは、サービス提供に支障をきたす可能性があるため、現在インターネット回線がない場合や通信が不安定な場合は、見直す必要があるでしょう。

女性の画像
ネットが途切れたら大変

停電や通信障害の際は使用できなくなる

POSシステム搭載レジは電力と通信に依存しているため、停電や通信障害が発生した場合、システムが使用できなくなる可能性があります。

予備電源やバックアップ通信回線などの対策を講じ、業務の中断を最小限に抑えることが重要です。また、いざという時のために現金支払いに対応できるようにしておくと安心です。

POINT

・万が一に備えてバックアップや現金対応などの準備をしておく。

情報漏洩のリスクがある

顧客情報や売上データなどの重要な情報が集約されるため、情報漏洩のリスクに対するセキュリティ対策が欠かせません。

データの暗号化やアクセス制限など、情報漏洩対策を徹底する必要があります。また、定期的なセキュリティの評価や監視も重要です。

女性
セキュリティに強いシステムを選びましょう

【パターン別】美容室向けPOSシステムの選び方

鏡越しにお客様と髪型のチェックをするサロンスタッフ

ここでは、次のパターン別におすすめのPOSシステムの選び方を紹介します。

  • 顧客情報を管理して売上アップを狙いたい場合
  • 会計機能のみのシンプルなシステムを求める場合
  • カウンセリングから会計までスムーズに手続きしたい場合

ご自身の店舗に当てはまるケースについて、内容を確認しましょう。

顧客情報を管理して売上アップを狙いたい場合

美容室が売上を強化するためには、販促や売上分析、予約管理などを搭載したPOSレジシステムが適しています。

店舗ごとの技術売上や店販売上、客数、客単価などをもとに売上を分析する機能があるシステムを導入すれば、売上強化とサロン経営の活性化が期待できるでしょう。

また、ポイントの自動発行やオリジナルアプリの作成も可能な、ポイント管理に優れたシステムもおすすめです。

男性の画像
マーケティングにも活用できるね

会計機能のみのシンプルなシステムを求める場合

会計機能のみで、他の機能は特に求めていないという場合、シンプルな会計機能のみのPOSシステムがおすすめです。紙カルテでの顧客管理に不便を感じていない場合は、低コストで運用できるシステムを選ぶことで、業務効率化と売上の最大化を同時に実現できるでしょう。

システムを選ぶ際は、キャッシュレス決済端末と連携できるレジ機能や売上分析機能がついたものを導入することで、会計処理の効率化と売上データの管理が容易になります。

POINT

・まずは必要最小限の機能で、低コストな運用から始めることも検討する。

カウンセリングから会計までスムーズに手続きしたい場合

カウンセリングから会計までの業務をタブレットで手軽に行いたい場合は、タブレット向けにリリースされたシステムを選ぶことがおすすめです。PC不要でレジ・会計機能や売上集計、分析などが可能であり、導入コストも抑えられます。

美容室特化型のシステムのなかには、タブレット上で手書きカルテを作成できるものも存在します。

女性
タブレットで運用できるシステムも便利ですよ

まとめ

本記事では、美容室でPOSシステムを使うメリットやデメリット、パターン別の選び方などについて解説しました。

POSシステムの導入により業務効率化を図れるだけでなく、売上アップや顧客満足度の向上にもつながるため、ぜひ導入を検討してはいかがでしょうか。

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

関連記事

無料モニター募集!美容室に必要な予約システムを丸ごと提供。リリースキャンペーン実施中! 一元管理、自動連携で予約管理をもっと簡単に 顧客管理・WEB予約システムならGil サロンの生産性大幅アップ!精算機機能 サロンの新規開業・多店舗運営に特化した予約管理システム Mobius(メビウス)