エステサロンのリピート率が低い!主な原因やリピート率アップのコツを解説

エステサロンのリピート率が低い!主な原因やリピート率アップのコツを解説

エステサロンの売上を拡大するためには、多くの既存顧客にリピートしてもらうことが欠かせません。しかし、リピート率が低い店舗は、どうしたらリピートしてもらえるのかが分からず、悩んでいるケースも多いのではないでしょうか。

今回は、エステサロンのリピート率が低い主な原因や改善ポイントなどを解説します

サロンのリピート率を改善して集客効果を高めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

エステサロンにおけるリピート率の平均と重要性

顧客と話すエステサロンスタッフ

ホットペッパービューティーの情報によると、2022年におけるエステサロンの6ヶ月以内のリピート率の平均は、約20%と報告されています。これはヘアサロンやアイラッシュサロンに比べるとやや低い水準ですが、半年以内に約5人に1人がリピートすることを意味します。

リピーターの存在は無視できず、なぜなら新規顧客を獲得するのには5倍のコストがかかるためです。リピーターは自店の価値を理解して再来店してくれるため、大幅な割引が必要なく、顧客単価も高いことが特徴です。そのため、リピート率を高めることは、サロンの安定な売上を見込むために欠かせません。

女性
売上を上げるためにはリピート客の獲得が大事なんだね

エステサロンでリピート率を高めるメリット

ウェブサービスのブックマークが増える様子

エステサロンでリピート率を高めるメリットとして、第一に広告宣伝費をかけずに売上を生み出せることが挙げられます。

また、リピート率の向上は顧客満足度の指標でもあり、良好な口コミやリピート客からの紹介を生み出します。これにより、新規顧客獲得にかかる費用や労力を削減し、サロンの経営を安定させることが可能です。

さらに、リピーターは定期的に店舗を利用する傾向があり、予測可能な売上を確保することができます。そのため、エステサロンにおいてリピート率を高めることは、経営効率の向上や持続可能な成長を促進する重要な手段となります。

エステサロンのリピート率が増えない3つの原因

分析をする女性

エステサロンのリピート率が増えない原因として、次の3つが考えられます。

リピート率が増えない3つの原因
  • 店舗のリピート率をしっかりと把握していない
  • 顧客の満足度が低い
  • 店舗の予約が取りにくい

それぞれのポイントについて、当てはまる要素がないか確認しましょう。

店舗のリピート率をしっかりと把握していない

エステサロンのリピート率が増えない原因として、店舗のリピート率をしっかりと把握していないことが挙げられます。サロンがリピート率を把握せず、顧客のリピートパターンや傾向を把握していない場合、適切な対策を講じることが難しくなります。

顧客がなぜリピートしないのかを理解することは、改善策を見出すために欠かせません。

顧客が施術後に再訪する頻度や理由、満足度などのデータを収集・分析することで、不満や問題点を特定し、改善点を見つけやすくなります

また、リピート率の把握はマーケティング戦略の評価にも役立ちます。リピート率をしっかり把握し、それに基づいて戦略を立てることで、顧客のリピート率を向上させるための効果的な取り組みを実行できるでしょう。

女性
新規顧客とリピート顧客数を把握できるシステムを構築しましょう

顧客の満足度が低い

エステサロンのリピート率が増えない原因として、顧客の満足度が低いことも考えられます。顧客が施術やサービスに満足していない場合、リピートの意欲が低下し、他のサロンへの移行やリピートの見送りという結果につながる可能性が高いです。

顧客の満足度が低い場合、それに対処するためのアクションを講じる必要があります。顧客のフィードバックを積極的に収集し、問題点や不満を特定することが重要です。

施術やサービスの質、接客態度、清潔さなど、顧客が不満を感じる可能性のある要因を把握し、改善に取り組むことが欠かせません。

また、顧客の満足度を向上させるためのトレーニングや教育プログラムの実施も効果的です。顧客が満足しているかどうかを常にモニタリングし、改善に向けた取り組みを行うことで、リピート率の向上が期待できます。

POINT

・顧客満足度チェックを定期的に行う。

・顧客が不満に思う点について改善に向けた取り組みを行う。

店舗の予約が取りにくい

エステサロンのリピート率が増えない原因として、店舗の予約が取りにくいと顧客が感じていることが考えられます。顧客が施術を受けるために予約しようとする際、希望の日時や時間帯に予約が取りにくい状況に直面すると、他のサロンに流れる可能性が高まります

このような状況では、顧客のリピートが困難になってしまうため、予約システムの見直しや改善が必要です。対策として、顧客が簡単に予約を行えるオンライン予約システムの導入や、スムーズな予約プロセスを確保するためのスタッフのトレーニングなどが有効です。

また、需要のピーク時に対応するために、柔軟な予約管理やスタッフの配置を行うことも欠かせません。顧客が希望する日時や時間帯に予約が取りやすくなれば、リピート率の向上につながるでしょう。

男性
予約システムが悪いのか、人員が不足しているのか原因特定が大事だね

エステサロンのリピート率を高める5つのポイント

エステを受ける女性

エステサロンのリピート率を高めるポイントとして、次の5つが挙げられます。

リピート率を高める5つのポイント
  • リピーター特典の活用
  • アフターフォローの最適化
  • ポイントカード・スタンプカードの活用
  • 退店前に次回予約をしてもらう
  • 顧客情報を分析し、マーケティングに活用する

それぞれのポイントを確認し、自店舗に取り入れられる要素を実行してみてください。

リピーター特典の活用

エステサロンのリピート率を高めるポイントの1つは、リピーター特典の活用です。リピーターに対する特典やサービスを提供することで、彼らのリピート意欲を高められます

例えば、定期的な来店や一定の回数の施術を行った場合に割引や特典を提供することで、リピートを促進できるでしょう。また、リピーターに対して会員制度を導入し、ポイントや特典を積極的に提供することも有効です。

さらに、リピーターに対して特別な体験やサービスを提供することで、彼らの満足度を高め、リピート率を向上させやすくなります

POINT

・リピーターに向けた特典、サービスを用意する。

アフターフォローの最適化

エステサロンのリピート率を高めるポイントとして、アフターフォローの最適化も欠かせません。顧客が施術を終えてからも、その後のケアやフォローアップを行うことで、満足度が高まりやすく、リピート率の向上が期待できます。

例えば、施術後に顧客にアンケートを送付しフィードバックを収集することで、顧客の満足度や改善すべき点を把握でき、サービスの品質向上のための施策につなげられます

また、施術後の定期的なフォローアップコールやメールを行い、顧客が施術の効果や状態を報告できるようにすることも効果的です。アフターフォローの最適化は、顧客との関係を強化し、長期的な顧客ロイヤルティを築くために欠かせません。

POINT

・顧客にアンケートを送付しフィードバックを収集する。

・定期的なフォローアップコールやメールを送信する。

ポイントカード・スタンプカードの活用

エステサロンのリピート率を高める上では、ポイントカード・スタンプカードも活用すべきです。顧客が施術を受けるたびにポイントやスタンプを貯められるカードを導入することで、リピート意欲を高められます

例えば、一定のポイントやスタンプを貯めると割引や特典を提供することで、リピートを促進できるでしょう。また、ポイントカードやスタンプカードを利用すると、顧客の忠誠心を高め、他のサロンに流れる可能性を低減できます。

さらに、ポイントやスタンプの獲得方法や特典内容を工夫することで、顧客の興味を引き、積極的なリピートを促すことも効果的です。エステサロンがリピート率を高めるための戦略において、ポイントカードやスタンプカードの活用は重要な要素となります。

退店前に次回予約をしてもらう

エステサロンのリピート率を高めるためには、退店前に次回予約をしてもらうことが大切です。顧客が施術を終えてサロンを出る前に、次回の予約をしてもらうように促すことで、リピート率の向上につながります。

また、次回予約を行うことで、顧客は自分のスケジュールに合った施術を確保できるため、利便性が向上します。

さらに、次回予約をしてもらうことで、サロン側も顧客の来店予定を把握しやすくなり、スムーズなスケジュール管理が可能となります。

POINT

・退店前に次回予約をしてもらえるような声掛けや予約プロセスを確定する。

顧客情報を分析し、マーケティングに活用する

エステサロンのリピート率を高めるためのポイントとして、顧客情報を分析し、マーケティングに活用することも欠かせません。顧客の来店履歴や施術内容、利用頻度などの情報を収集し、分析することで、顧客の嗜好や行動パターンを把握できます

これにより、ターゲットを絞った効果的なマーケティング施策を展開することが可能となります。例えば、特定の施術に関心を示している顧客に対し、関連するキャンペーンや特典を提供することで、リピート意欲を高める効果が期待できます。

また、特定の期間やイベントに合わせたプロモーションを行うことで、リピートの促進や新規顧客の獲得につなげられるでしょう。顧客情報を分析し、マーケティングに活用することは、顧客との関係を強化できるだけでなく、リピート率の向上に大きく貢献します。

POINT

・来店日、施術内容などの顧客情報を記録しておく。

・ターゲットを絞ったキャンペーンや特典、期間限定のイベントやプロモーションを行う。

まとめ

今回は、エステサロンのリピート率が低い原因や、リピート率を向上させるためのポイントについて解説しました。

リピート率を改善することで、顧客満足度や顧客単価の向上、売上アップなどが期待できます。今回紹介した内容を参考に、店舗でリピート率を高める対策を行っていきましょう。

関連記事

無料モニター募集!美容室に必要な予約システムを丸ごと提供。リリースキャンペーン実施中! 一元管理、自動連携で予約管理をもっと簡単に 顧客管理・WEB予約システムならGil サロンの生産性大幅アップ!精算機機能 サロンの新規開業・多店舗運営に特化した予約管理システム Mobius(メビウス)