アイリストの資格とは? 必要検定を受けマツエク未経験からプロの道へ

アイリスト資格

今回はアイリストとして働くために必要となる資格を詳しく解説していきます。

アイラッシュサロンをこれから開業予定の方は資格は必ず必要となってくるのでしっかりと覚えておきましょう。

アイリストは美容師免許なしでは働けない

point

  • 厚生労働省からの発表以降、美容師免許が必須
  • 無資格で施術した場合、罰金や営業停止処分の可能性
  • 長く美しいまつげに憧れて女性を中心に流行中のまつげエクステですが、この施術をしてくれる「アイリスト」という職業が定着したのはここ10年ほどです。

    マツエクが出始めた初期は美容師免許がなくても施術することができました。

    しかしマツエク施術による目のトラブルが多発したため厚生労働省が【マツエクによる危険防止の徹底について】という一文を発表以降、美容師免許が必須となりました。

    万が一、無資格で施術を行った場合、美容師法で50万円以下の罰金や店舗の営業停止処分などの可能性があります。

    そのため現在マツエクサロンで働いている人は美容師免許を保持しています。

    アイリスト資格

    自宅で資格取得ができるアイリスト通信講座

    美容師免許さえあればアイリストになれるというわけではありません。

    美容師免許というのは最低ラインであり、アイリストとして働くのであればアイリストに関する資格を取得する必要があります。

    アイリストの人気は上昇傾向にあるため、即戦力として働ける人をサロン側も求めています。アイリストになるためにも以下の資格を取得しましょう。

    JLA技能検定

    この資格はJLA日本まつげエクステンション協会が実施しており、アイリスト資格の中でも認知度が高く取得率が高いです。

    「安全技術師」から「認定機構1級」まで4段階のレベルに分かれています。

    各級の受験資格・試験内容は以下の通りです。

    安全技術師

    • 受験資格
    • 美容師免許を取得している者。

    • 試験内容
    • 実技試験・筆記試験(選択問題・記述)

      前半:手指消毒・ツイーザー・人工毛の装着・グルーの硬化

      後半:リムービング

    • 合格基準
    • 実技:50点満点中40点以上

      筆記:50点満点中40点以上

      合計:100点満点中80点以上で合格

      ※合計80点以上でも、実技・筆記のどちらかが40点未満の場合は不合格

      認定機構3級

    • 受験資格
    • 衛生管理士・安全技術師のどちらかを取得している者

    • 試験内容
    • ・実技試験・筆記試験(選択問題・記述)

      前半:手指消毒・テーピング・まつげのクレンジング・人工毛の装着・グルーの硬化

      後半:リムービング

    • 合格基準
    • 実技:50点満点中40点以上

      筆記:50点満点中40点以上

      合計:100点満点中80点以上で合格

      ※合計80点以上でも、実技・筆記のどちらかが40点未満の場合は不合格

      認定機構2級

    • 受験資格
    • 認定機構3級取得者

    • 試験内容
    • 実技試験・筆記試験(選択問題・記述)

      前半:手指消毒・テーピング・まつげのクレンジング・人工毛の装着・グルーの硬化

      後半:ツイーザー・リムービング

    • 合格基準
    • 実技:50点満点中40点以上

      筆記:50点満点中40点以上

      合計:100点満点中80点以上で合格

      ※合計80点以上でも、実技・筆記のどちらかが40点未満の場合は不合格

      認定機構1級

    • 受験資格
    • 認定機構2級取得者

    • 試験内容
    • 実技試験・筆記試験(選択問題・記述)

      前半:手指消毒・テーピング・まつげのクレンジング・人工毛の装着・グルーの硬化

      後半:ツイーザー・リムービング

    • 合格基準
    • 実技:50点満点中40点以上

      筆記:50点満点中40点以上

      合計:100点満点中80点以上で合格

      ※合計80点以上でも、実技・筆記のどちらかが40点未満の場合は不合格

      JLA技能検定の資格は受験資格が定められているため、1つずつ取得し1級を目指す必要があります。

      しかし、1級を取得すればどのサロンでも通用するほど高い技術力を証明でき、アイリストの資格で最も実用的な資格ですので、ぜひ1級目指して頑張りましょう。

      試験の申込みなどはJLA日本まつげエクステンション協会のHPからご確認ください。

      参考:JLA日本まつげエクステンション協会

      マツエク資格

      JEA3級ベーシックライセンス

    • 受験資格
    • 受験日当日に満18歳以上であれば、誰でも可

    • 試験内容
    • 筆記試験:まつ毛エクステンションの概要や基本的な知識

    • 試験日程
    • 日本アイリスト協会のHPから確認できます

      JEA2級スタンダードライセンス

    • 受験資格
    • ・受験日当日に満18歳以上であれば、誰でも可

      ・美容師免許既取得者(美容師免許の写しを提出)

      ・美容師養成課程(美容学校)在学者(学生証の写しを提出)

      ・美容師養成課程(美容学校)卒業者(卒業証明書の写しを提出)

    • 試験内容
    • 筆記試験:プロの技術者としてサロンワークで必要な毛髪学や衛生学、まつげの構造などの専門知識やプロの技術及び知識

      実技試験:まつ毛エクステンション技術者として必要とされる「安全」をキーワードとした技術検定

    • 試験日程
    • 日本アイリスト協会のHPから確認できます

      JEA1級プロフェッショナルライセンス

    • 受験資格
    • ・現JEA個人正会員で2級ライセンス取得者

      ・受験日当日に満18歳以上であれば、誰でも可

      ・美容師免許既取得者(美容師免許の写しを提出)

      ・美容師養成課程(美容学校)在学者(学生証の写しを提出)

      ・美容師養成課程(美容学校)卒業者(卒業証明書の写しを提出)

    • 試験内容
    • 筆記試験:トップレベルのまつ毛エクステンション技術者として必要とされる総合的な技術及び知識

      実技試験:あらゆるタイプのまつ毛エクステンションの施術、特にアレンジアートを必要とした技術検定

    • 試験日程
    • 日本アイリスト協会のHPから確認できます。

    JEAアイリスト技能検定の資格は、試験日が多く午前と午後で分かれているため、比較的自分のタイミングで受講しやすいのが特徴です。

    まとめ

    アイリストを目指すのであれば何か1つは資格を取得する必要があるでしょう。

    もちろんと特別な資格がなくとも美容師免許さえあれば施術を行うことはできますがお客様からの信頼度が大きく変化していきます。

    また将来的に自分のお店を持ちたい場合は「JLA技能検定」の1級を取得するのがベストと言えます。

    資格はスクールに通う以外に自宅で取得することもできます。

    自分に合った方法で資格を取得しましょう!

    \ 詳しくはお問合せ下さい /

    関連記事