マツエクやネイルサロンのオススメ保険!施術ミストラブルに対応可能

サロン保険

独立をされる際に必ず加入しておきたい「サロン保険」。

施術のミスでお客様に怪我を負わせてしまった場合、サロン保険に入っていれば被害者の方に保険金が支払われます

しかし、サロン保険に加入したいけど、どれに加入すればいいかわからない。と悩んでいるオーナーも多いのではないでしょうか?

今回はそんなサロン保険について詳しく解説していきます。

サロン保険とはどんな保険?

point

  • 損害賠償責任義務が生じた際、被害者の方に保険金が支払われる
  • サロン保険は強制保険ではないため未加入の店舗が多く存在
  • サロン保険(エステ保険)とは、正式には店舗賠償責任保険(又は店舗総合保険等)といいます。

    特徴は、お客様や第三者の方に対し損害賠償責任義務が生じた場合、被害者の方に対して保険金が支払われるというものです。

    なおサロン店舗を運営する上で生じる、法律上の”損害賠償責任”に対しては、民法709条で賠償責任を負う事が明記されています。

    つまり施術ミスや店内の管理不行き届きなどが原因でお客様が怪我をされてしまうと、謝罪だけでは済まない問題となります。法的な賠償責任義務、被害者に対して金銭的な補償を行う必要があります。

    たった1回の施術ミスでお店が倒産になる可能性もあるわけですから、サロン保険(店舗賠償責任保険)への加入は必須と言えます。

    皆さん火災保険は加入されますが、サロン保険は強制保険ではないため未加入の店舗が多く存在します。

    賠償責任が生じた施術ミスの実態

    サロン保険

    それでは実際に起きたサロンのトラブルをいくつか紹介致します。

    施術ミスのトラブル

    「施術中の不手際でまぶたにグルーがつき、通院させることになってしまった」
    「お客様の目にツイザーが当たってしまい、眼球に傷がついてしまった」

    サロン内での事故でのトラブル

    「ライトの傘がお客様の顔に落ち、けがをさせてしまった」
    「ライトスタンドのコードに引っかかって転び、腕を骨折してしまった」

    サロンで販売した化粧品でのトラブル

    「サロンで購入した化粧品で肌に炎症が起きてしまった」

    サロン保険

    預かり品の紛失や破損でのトラブル

    「来店したお客様のバッグを紛失してしまった」
    「施術中に預かったコートを汚損してしまった」

    その他のトラブル

    「サロンの駐車場でお客様の車を移動する際に誤ってぶつけてしまった」
    「スタッフがお客様の車の情報をほかのお客様がいる所で話して訴えられてしまった」

    など多くの問題が起きています。これらに対応するがサロン保険となっています。

    サロン保険はどういう時に補償されるの?

    サロン保険(店舗賠償責任保険)とは、様々な業種、さまざまなトラブルに対して対応できる総合的な保険の名称で、一般的には下記の保険が1つのパッケージになっています。

    また、サロンでトラブルが生じたときは、お客様に対して早急にしかるべき対応をしなければなりません。気になるのは、「サロン保険」で補償される内容です。詳しく見ていきましょう。

    損害賠償保険は、細かく分けると以下の分類に分けることができます。

    損害賠償保険

    • 施術賠償責任補償
    • →施術中の事故を補償する

    • 店舗管理事故補償
    • →サロン内での事故を補償する

    • 生産物賠償(PL)補償
    • →サロンで販売した商品での事故を補償する

    • 受託者賠償責任補償
    • →お客様の私物への事故を補償する

    1番重要なのは、施術中の事故を補償する「施術賠償責任補償」です。

    サロン保険の具体的な補償例

    • 火災など災害に関する補償
    • 貸主に対する賠償(借家人賠償責任保険)
    • サロンに起因する事故を補償
    • 施術業務による事故を補償
    • 名誉毀損またはプライバシーの侵害の訴訟により被る損害を補償
    • サロンで販売した化粧品に起因する事故を補償
    • お客様からの預かり品に対する事故を補償
    • 階下への漏水被害に対する事故を補償※

    ※加入される保険により変わります。

    このような時にサロン保険は適応となります。

    オススメのサロン保険比較

    専門団体の加入特典や保証として団体割引で加入できる保険や共済です。保険料は数千円~で加入出来ます

    美容所賠償責任補償制度

    美容室の公的組合による保険です。美容室向けの保険ですがフェイシャルエステ(デコルテ含む)も保証対象になります。美容師の独占業務であるまつ毛エクステも保証対象です。
    HP: 美容所賠償責任補償制度

    エステティックサロン総合賠償保険

    エステティシャンの最大組織一般社団法人日本エステテック協会の会員になると団体割引で保険加入できます。脱毛施術は美容ライト脱毛(光脱毛)、美容電気脱毛(ニードル脱毛)、ワックス脱毛すべて保証対象になります
    HP: エステティックサロン総合賠償保険

    サロン保険

    サロン様向け賠償責任保険

    美容業界にも精通している企業リクルートが提案するサロン向け賠償責任保険です。エステサロン以外にも美容院、リラグゼーションサロン、リフレクソロジー、整体など美容サロン全体に適用可能なサロン向け賠償責任保険です。
    HP:サロンさま向け賠償責任保険

    店舗にかける保険サロン店舗賠償責任保険

    美容商材総合商社の株式会社ビューティーガレージが提案するサロン店舗賠償責任保険だけあって、サロン別に2系統に分かれており、さらに複数の保険の中から施術メニューに合わせた選択が可能です。2系統のうち手技がメインのサロンはリラグゼーションサロンや美容整体サロン系保険。美容マシンを使用するエステサロンや美容院は理美容室、エステ系統のサロン別保険の中からチョイスできます。
    HP: サロン店舗賠償責任保険

    まとめ

    サロンを開業する際に入っておきたい「サロン保険」。施術に関するトラブルやサロンでの事故など、お客様ありきのサロンでは、どんなことがトラブルの火種になるかわかりません。治療費や慰謝料はどんな金額になるかわからない上、負担することによりサロン運営に影響が出てしまうことも考えられます。

    備えあれば憂いなし!

    安心してサロンを運営していくためにも、万が一を補償してくれる「サロン保険」は必須と言えるのではないでしょうか。サロンの規模に合わせた保険で、万が一のときの安心を購入しましょう。

    関連記事