TikTokビジネスアカウントを作るメリットは? 始め方から登録方法まで解説

TikTokでビジネスアカウントを作るメリットの説明

TikTokは人気SNSの一つであり、若者を中心にユーザーが多くなっています。また、TikTokでは、ビジネスアカウントを活用することで集客や宣伝効果の向上が期待できます

本記事では、TikTokのビジネスアカウントでできることやTikTokで集客するメリット、登録方法・使い方などを解説します。TikTokを利用して自社や商品・サービスの集客を加速させたい方は、ぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius
パソコンと資料

TikTokとは?ビジネスアカウントでできること

女性の若者がSNSを使用している

TikTokと聞くと、「動画が見れるSNS」「若者に人気のSNS」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

まずは、TikTokとはなんなのか、さらにビジネスアカウントでは何ができるのかについて確認していきましょう。

TikTokとは

TikTokは短い尺の動画を投稿できるSNSであり、動画時間は15秒から3分までの長さに対応しています。

高度な編集スキルが必要なYouTubeとは異なり、ユーザーがアプリ内で動画の撮影から編集まで手軽に行えることが特徴です。

また、ユーザー層は10代と20代の若者が多く、さまざまな音源や加工フィルターなども利用できるため、個人が動画投稿しやすい媒体の一つといえます。

ビジネスアカウントの機能

TikTokには、一般ユーザーが利用するアカウントのほかに「ビジネスアカウント」があり、その名の通りビジネスを目的として活用できます。動画を用いて自社や自社の商品・サービスのアピールポイントを伝え、マーケティングに利用する企業が増えています

ビジネスアカウントには、次のような機能があります。

  • アカウントの分析
  • アップロードした動画の分析
  • 楽曲の利用
  • 外部コンテンツへの誘導

アカウントやアップロードした動画を分析することにより、フォロワーの属性を把握したり動画のエンゲージメントを確認したりできます。

また、商用利用が認められている楽曲を動画に使用できるため、著作権を侵害することなく音入りの動画が作成可能です

そして、プロフィールのリンクから自社サイトやフォームなど、外部コンテンツへの誘導も行えます。プロフィールへアクセスを集めるための動画を配信し、プロフィールからユーザーを行動させるための動線作りが必要です。

TikTokで集客する3つのメリット

Tiktokを使って集客

TikTokを集客に活用するメリットとして、次の3点が挙げられます。

  • 拡散性を活かせる
  • 年齢層の低いターゲットにアプローチできる
  • 少ない労力で動画をアップロードできる

それぞれについて解説していきます。

拡散性を活かせる

一般的なSNSは、抱えているフォロワー数が多いほど、インプレッションやエンゲージメントが伸びやすい傾向にあります。一方TikTokは、ユーザーが見ている動画と関連性のある動画が次々と表示される仕組みになっています。

そのため、アルゴリズムを理解して動画を投稿していくことで、フォロワー数などの影響力に関係なく動画が拡散される可能性があります。

TikTokのほかに拡散力の高いTwitterなどのSNSも併せて運用すると、さらに高い集客効果が見込めるでしょう。

年齢層の低いターゲットにアプローチできる

上述のように、TikTokでは10代や20代などの年齢層の低いユーザーが多く存在しています。全体の約50%を占めるほどであり、若者を対象とした事業を展開する上で有効なツールであることは間違いありません。

具体的なビジネスジャンルとしては、ファッションや美容、音楽など流動性の高い事業におけるアピール効果が期待できます。提供する商品やサービスのターゲット像に合わせて、使うSNSを変えていくことも戦略の一つといえます。

少ない労力で動画をアップロードできる

アプリ内で動画の撮影から編集まで完結できるため、動画の撮影や編集スキルを持たない人でも簡単に質の高い動画が作成できます。

そのため、撮影者や編集者などにかかるコストも削減できるため、少ない労力で動画をアップロードしていけるでしょう。

本格的な動画を作成しようとすると、本来であれば高額な初期費用やランニングコストが発生します。このような費用を全て削減し、少ない労力で高い集客効果が見込めることもメリットです。

TikTokの登録方法・使い方

男性のスマートフォンを覗き込み驚く女性

ここでは、TikTokでビジネスアカウントを登録する方法や主な使い方について解説します。

基本的な流れを押さえておき、ビジネスで運用する際の参考にしてください。

登録方法(ビジネスアカウントの設定)

まずは、一般アカウントの作成が必要です。登録方法は次の2種類があります。

  • SNSアカウントと連携
  • メールアドレスや電話番号で登録

LINEやTwitterと連携することで、情報を入力する手間を省略してアカウントが作成できます。一方、メールアドレスや電話番号で登録する方法がありますが、ビジネスアカウントを作成するのであれば後者がおすすめです。

アカウントが作成できたら、次の手順でビジネスアカウントを設定していきましょう。

  1. アプリでアカウントを開く
  2. マイページの右上にある3つの点をタップ
  3. アカウント管理から「プロアカウントに切り替える」をタップ
  4. アカウントの種類・カテゴリーを選択して「次へ」をタップ
  5. 性別を選んだら設定完了

操作は難しくありませんが、注意点として、カテゴリーは事業内容に適したものを選択することがポイントです。

主な使い方

TikTokの主な使い方としては、次の2通りがあります。

  • 動画の再生
  • 動画の投稿

まずは、タイムライン画面で他のユーザーがアップロードした動画を再生できます。基本的には、動画を下にスクロールすることで次の動画が再生される仕組みです。

画面の上にある「おすすめ」をタップすればアルゴリズムから関連性の高い動画が表示され、「フォロー中」をタップすると自分がフォローしているユーザーの動画が表示されます。

続いて、撮影した動画を投稿することができます。アプリを開くと下のメニュー部分から「+」をタップし、動画を撮影しましょう。

撮影した動画は音量の変更や速度の調整、楽曲の追加などが行えるようになっており、編集が完了したら矢印ボタンをタップして投稿できます。

TikTokで広告を活用して宣伝効果を高める

TikTokでは動画を投稿してマーケティング効果を高めるほかに、広告を利用することも可能です。アプリ起動時の「起動画面広告」や、おすすめタブで表示される動画の中に表示させられる「インフィード広告」などがあります。

また、TikTokオリジナルの「#チャレンジ広告」は企業のプロモーションをユーザーの投稿で拡散させる広告の主要であり、高い宣伝効果が期待できます。

まとめ

動画媒体が普及してきた昨今において、手軽に動画を再生でき、誰でもクオリティの高い動画を投稿できるTikTokは、ビジネスツールとしても有効です。ユーザー層は若者が約半数を占めており、若者向けの商品やサービスのプロモーションに特に効果を発揮するでしょう。

ビジネスアカウントを利用するとアカウントや動画の分析も行えるため、より効率的なSNSマーケティング・SNSブランディングに繋がります。

TikTokをはじめとしたSNSをマーケティングに取り入れ、集客や宣伝効果を高めるあt目のツールとして活用してみてください。

  • 新人スタッフのスキルが一目でわかる【技術カリキュラムシート】

    スタッフ教育で大切なのは一貫性です。結果の出る練習と成長できる環境を用意してスタイリストデビューまでをサポートするスキルチェックシートです。
  • 店舗開設・損益計算シミュレーションシート

    【保存版】事業を起ち上げ「銀行から融資を受けたい」と考えたときに、準備しなければならない書類はたくさんあります。その書類の中で、今回は事業の「収入と支出」に関する数値を予測するためのシミュレーションシートを使い、開業する店舗がどれくらいの利益を生めるか未来の予測をしてみましょう!
  • 美容室開業マニュアル

    【保存版】はじめての独立・開業に必見!「コンセプト立案」から「店舗オープン」までを分かりやすく解説した美容室開業のための必読マニュアル!

関連記事