エステサロンの開業に必要なものとは? 準備の流れや失敗を防ぐポイント

エステサロンの開業に必要な準備の流れや失敗を防ぐポイントについての説明

「エステサロンを開業したいが、何から始めれば良いか分からない」「何が必要なのか知りたい」という方は多いのではないでしょうか。

今回は、開業に必要な資格やメリット・デメリット、準備すべきことなどについて解説します。失敗を防ぐためのポイントについても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは、本題に入ります。

嬉しそうな女性

開業したい人は必見ね!

▼ 目次[表示] ▲ 目次[非表示]
SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

エステサロンの開業に資格は必要?

顔の施術をする女性

結論からいうと、資格は必ずしも必要ではありません。医療系の店舗を開業する場合は資格が必要ですが、エステサロンの場合は無資格でも開業できます。

とはいえ、資格を持っているとスキルや知識の証明になるため、お客様からの信頼を得やすくなるでしょう。そのため、余裕があれば何かしらの資格を取得しておくことも一つの方法としておすすめです。

また、提供する施術のメニューによっては、資格が必要になる場合もあります。フェイシャルメニューだけであれば開業届の提出のみで開業できますが、例えばシェービングを行う場合は理容師免許が、カットを行う場合は美容師免許が必要です。

POINT
  • 資格が要るかどうかは施術によって異なるので事前に確認しておく。
  • スキルアップや信頼獲得のために資格をとるのはおすすめ。

知らないまま営業してしまうと後から大変な問題になってしまうため、資格の必要性については事前に確認しておきましょう。

講師の女性

早めに確認しておきましょう

エステサロンを開業するメリット・デメリット

シーソーで表したメリットとデメリットのイメージ写真

エステサロンの開業にはメリットが多い反面、デメリットも存在することを忘れてはいけません。

それぞれ紹介しますので、確認していきましょう。

メリット

主なメリットとして挙げられるのは、次のような要素があります。

  • 初期費用が安い
  • 独立しやすい
  • 自由度が高い
  • 収入アップを目指せる

まず、他の業種の場合は内装工事や設備に多額の初期費用がかかりますが、エステサロンであれば自宅の一角を使って開業することも可能です。

そのため、独立しやすく個人が気軽に始めやすいといえます。

また、経営方針やコンセプト、営業時間など店舗に関わることは全て自分で決められるため、自由度が高いことも特徴です。ライフスタイルに合わせて働けるでしょう。

そして、サロンで勤務する場合、基本的には固定給であるため収入アップは簡単ではありませんが、自分の店舗を持てば働いた分だけ自分の収益が増えます。そのため、収入アップを目指せることも挙げられます。

嬉しそうな女性

がんばった分だけ収入になるのは嬉しいな

デメリット

一方、デメリットとして挙げられるのは次のような点です。

  • 知識やスキルを習得するのに時間がかかる
  • 収入が安定しづらい
  • 書類などの手続きが煩雑

法律上、無資格でも問題ありませんが、やはり何も知識を持たない状態では経営は難しいでしょう。そのため、最低限必要な知識やスキルを身につけておく必要があり、これから学ぶ場合は時間がかかることが挙げられます。

また、どの業界においても言えることですが、独立すると収入が安定しづらくなります。お客様が集まらなければ売上がどんどん減ってしまうため、集客についてもスキルを身につけつつ、実践していくことが大切です。

最後に、税金や保険関連など、独立することで書類の手続きが増えます。そのため、事務作業が苦手な場合は難しいと感じてしまうでしょう。

POINT
  • 最低限の経営の知識を得ておく。
  • 収入を安定させるためには集客の知識やスキルも学んでおく。
  • 書類の手続きも多いため、漏れのないよう確認しておく。

エステサロンの開業におけるリスクとは?

不安そうに考え込む女性

開業する際のリスクとして、次の2つが挙げられます。

  • 予定よりも費用がかかる
  • 集客がうまくできない

それぞれの内容と対策を紹介しますので、確認していきましょう。

予定よりも費用がかかる

開業するための初期費用や、毎月の固定費が予想以上に発生してしまう場合があります。

「できる限り良い設備を揃えよう! 」という気持ちも大切ですが、まずはお店を続けていくためにはどうするべきかを考えてみましょう。

必要なものがあれば後から買い足すこともできるため、まずは最低限の設備でなるべくコストを押さえることがポイントです。

また、固定費を下げる方法として、店舗を借りるのではなく自宅の一室から始めてみることもおすすめです。

POINT
  • 初期費用と固定費をできるだけ算出し、運営できるか想定しておく。
  • 最初から完璧に準備しようとせず、最小コストで進める。
  • 自宅で開業すると固定費をかなり抑えられる。

集客がうまくできない

サロンの売上を安定させるためには、集客を行いお客様に来店してもらう必要があります。

新規顧客とリピーターの両方をバランス良く獲得していくことが大切であり、どちらかだけでは経営を継続しにくいでしょう。

特に、新規出店した店舗は実績がないため集客がうまくいかないケースも多くあります。

そこでポイントとなるのが、戦略的に集客を行うことと、リピートしてもらいやすい仕組みを作ることです。また、既に指名のお客様を抱えている場合は、できるだけ多くのお客様を店舗に流せるようにすることも意識してみましょう。

困っている女性

一人での集客は大変そうだなあ

エステサロンの開業に向けて準備すべきこと

通帳とメガネとペン

準備すべきこととして、開業までの流れと必要な資金について紹介します。

事前準備をしっかりと行っておくことでオープン後の失敗を防げるため、ぜひ押さえておくようにしてください。

開業までの流れ

サロンを新たに開設する場合、一般的には次の流れで進めます。

  1. 事業計画書の作成
  2. 物件探し
  3. 資金調達
  4. 内装やデザインの決定
  5. 備品の導入
  6. 営業準備

他に必要な工程があったり、順番が前後することがあったりするかもしれませんが、最低限必要な要素として押さえておきましょう。

また、備品の導入については業態によって異なりますが、代表的なものとして次のようなアイテムが必要になります。

  • エステ機器とその他に必要な備品
  • ベッド
  • シーツ
  • バスタオル・フェイスタオル
  • ワゴン
  • スツール
  • タオルウォーマー
  • 紙類(契約書類や領収書、カウンセリングシートなど)
  • その他備品(衛生用品やスリッパ、化粧備品など)

あくまで一例ですが、施術のためのアイテムのほか、店舗の環境を整えるための備品も必要になります。あらかじめ必要な物について細かく把握しておき、予算を算出していきましょう。

講師の女性

時前に細かくリスト化しておきましょう

必要な資金

必要な資金としては、次の5種類があります。

  • 物件の初期費用(100万円前後)
  • 店舗の広告費(数十万円から100万円程度)
  • エステ機器の購入費(サービス内容によって異なる)
  • 備品の購入費(30万円前後)
  • 消耗品費(数万円程度)

物件の初期費用については、新たに店舗を契約する場合に必要です。もし自宅の一室をサロンとして使う場合は、コストを抑えられるでしょう。

また、オープンから間もない頃はお客様が集まりにくいため、広告費をかけて集客する必要性も出てきます。

そのほか、機器や備品、消耗品などの購入費用も必要経費となります。

事前に必要資金について確認しておくことで予算オーバーを防げるため、必ず押さえておきましょう。

男性

余裕をもっておいたほうがよさそうだな

エステサロンの開業で失敗しないためのポイント

考える女性

失敗を防ぐためのポイントとして、コンセプト作りを徹底することが挙げられます。

お店にお客様を集客するためには、コンセプトが重要です。これは、サロンを経営するうえでは欠かせないポイントといえます。

明確なコンセプトを決めることで一貫性のあるサービスを提供しやすくなり、効率よく集客できるでしょう。

コンセプトを決める際は、経営理念をしっかりと定めたうえで、狙っていきたいターゲット層や自店の強み、競合店舗との差別化ポイントを考えてみてください。

女性

コンセプトづくりが一番大切なんだね

まとめ

本記事では、エステサロンを開業するにあたって、資格の必要性やメリット・デメリット、備えるべきリスク、準備の手順などについて解説しました。

準備を徹底することでお客様の集まるサロン運営に繋がるため、開業前の準備を怠らず、計画的に進めていきましょう。

また、お店のコンセプトを明確に決めておくと開業を成功させやすくなるため、経営戦略についてもしっかりと考えることがポイントです。

関連記事

  • 無料モニター募集!美容室に必要な予約システムを丸ごと提供。リリースキャンペーン実施中!