美容室におすすめのレジシステムとは?効率的な会計システムについて解説

美容室におすすめのレジシステムとは何か、効率的な会計システムについての説明

デジタル化が進んでいる中、現在もアナログ方式で会計管理している美容室は少なくありません。しかし、レジシステムには業務効率化やマーケティングに活用できる機能が搭載されていることをご存知でしょうか。

今回は、美容室で使われるレジの種類や主な機能、導入費用相場、レジ選びのポイントなどについて解説します。レジ業務を効率化させ、業務改善をしていきたいと考える方は、ぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

アナログ方式の美容室は現在も存在している

書類を前に頭を抱えている女性

個人経営の美容室オーナーの中には、現在もアナログによる会計管理をしている方も存在します。確かに昔ながらの方法で経営を行うことは可能ですが、この方法は業務効率が悪いため、レジシステムの導入を検討する必要があるでしょう。

レジシステムは、各種メニューの価格設定や割引を自動計算して美容室の業務を効率化し、スムーズな会計処理を行うためのツールとして重要な役割を果たします。システムには顧客情報の管理機能が搭載されていることが多く、顧客ごとの施術履歴やカルテ、予約情報を一元管理できます。これにより、顧客に対してより個別化されたサービス提供が可能です。

さらに、正確な売上や経費のデータをリアルタイムで把握できるため、収支の計算や経営戦略の立案、経営判断に役立てられるでしょう。

美容師
レジシステムってどんなものだろう? 

美容室でよく使われる4種類のレジ

サロンの内観

美容室では、次の4つのうちいずれかのレジが使われているケースが多いといえます。

  • レジスター
  • タブレットレジ
  • POSレジ
  • タブレットPOSレジ

それぞれのレジについて、特徴を紹介します。

レジスター

レジスターは従来のレジとしても知られており、物理的なキー入力やボタンを使用して商品の価格を入力し、お金の受け渡しとレシートの発行を行うものです。

操作が比較的簡単で、基本的な会計業務に適しています。ただし、機能が限られていることが多く、高度な在庫管理や顧客情報の管理には向かないことがあります。

POINT

・価格を手動で入力する従来のレジ。

タブレットレジ

タブレットレジは、タブレット端末を使ったスマートなレジシステムです。タッチスクリーンを使って商品の選択や価格の入力を行い、オンライン決済も可能なものが多くあります。

タブレットレジはコンパクトで持ち運びが便利なため、美容室内で柔軟に場所を変えながら使用できます。また、アプリやソフトウェアのアップデートによって機能を追加・拡張できるため、必要に応じてカスタマイズできるタイプも存在します。

女性の画像
なじみがあるから便利

POSレジ

POSレジ(Point of Saleレジ)は、より高度な機能を持つレジシステムです。売上データの集計や在庫管理、顧客情報の管理など、美容室の経営に必要な機能が総合的に統合されています。

POSレジはネットワークに接続してデータをリアルタイムで管理できるため、複数店舗を運営する場合や経営者がリモートでデータを確認する場合に便利です。

POINT

・顧客情報や売上データの管理、分析が行える。

・リアルタイムで更新されるため情報の共有がしやすい。

タブレットPOSレジ

タブレットPOSレジは、タブレットレジとPOSレジの特長を融合させたレジシステムで、タブレットレジの持ち運びの便利さとPOSレジの高度な機能を両立しています。

タッチスクリーンの使いやすさと多彩な機能によって、美容室の業務を効率化しながら、顧客情報の管理や売上データの分析など、経営に役立つ情報を収集することも可能です。タブレットPOSレジは、中規模以上の美容室や複数店舗を運営する際に、特に有用な選択肢といえます。

男性の画像
いいとこどりだね

美容室のレジに必要な機能とは?

パソコンのあるデスクでデスクワークをする笑顔の女性

美容室にレジを導入する場合、次の機能について押さえておきましょう。

  • 売上・会計管理
  • レシート・領収書発行
  • 顧客管理・データ分析
  • キャッシュドロワー

それぞれについて解説します。

売上・会計管理

美容室のレジには、売上と会計を管理するための機能が欠かせません。商品やサービスの価格を入力し、お金の受け渡しを正確に処理することが求められます。

売上データが自動的に集計され、日次や月次の売上報告を確認できるレジシステムを選べば、いつでも経営状況を把握できます。

POINT

・売上管理ができるため経営状況も確認できる。

レシート・領収書発行

レシートや領収書を発行する機能も、美容室のレジシステムには必須といえます。

レシートの発行によって商品の内容や価格を明確に伝えることができ、トラブルの防止にも役立ちます。近年では電子レシートの発行も増えており、環境にも配慮した選択肢として検討してみると良いかもしれません。

女性の画像
電子レシートだとなくす心配がないね

顧客管理・データ分析

顧客情報の管理やデータ分析を行う機能が搭載されているレジシステムでは、顧客ごとの来店履歴や施術内容、利用金額などのデータが一元管理されるため、より個別化されたサービスを提供できます。

また、集められたデータが統計処理されるシステムを選べば、顧客の傾向や売上動向などの分析が可能です。

POINT

・細かな情報も管理できるため、顧客に合ったサービス提供に活用できる。

キャッシュドロワー

美容室のレジには、キャッシュドロワーが装備されていることが一般的です。キャッシュドロワーはお金の保管や管理を行うための引き出し式の装置で、売上金の収納に使われます。

現金取引を望むお客様も一定数存在するため、ロック機能などセキュリティ対策が十分なキャッシュドロワーを選ぶことで、安全に取り扱えるでしょう。

女性
現金にも対応できるようにしておきましょう

美容室にレジを導入する際の費用相場

電卓を操作している様子

レジシステムの導入費用は、導入するシステムの種類によって異なります。ここでは、先ほど挙げた4つのレジシステムの導入費用について紹介します。

まず、レジスターの導入費用は2万円から5万円程度とされています。比較的シンプルな機能を持つため、初期費用は比較的安価ですが、機能が限られる点に注意が必要です。

次に、タブレットレジの導入費用は主にタブレット端末代が含まれ、端末の価格によって変動しますが、数万円から10万円程度が想定されます。また、月額費用は0円から1万円程度のクラウドシステムが多いようです。

また、POSレジの場合、初期費用は15万円から30万円程度、月額費用は約1万円程度が一般的と言われています。POSレジは高度な機能を備え、売上・会計管理、顧客管理、在庫管理などを一元的に管理できるため、初期費用や月額費用が他のシステムよりも高めとなる傾向があります。

最後に、タブレットPOSレジの初期費用についてもタブレット端末代が含まれ、タブレットレジと同様に数万円から10万円程度が想定されます。月額費用については、約1万円程度が相場のようです。

ただし、これらはあくまで一般的な相場であり、導入を検討する際には各事業者から見積もりを取り、自社のニーズや予算に合った最適な選択をすることが欠かせません。また、導入後のサポート体制やアフターケアについても確認し、トータルなコストを考慮した上で判断することが大切です。

POINT

・POSレジは初期費用や月額費用がかかるが費用対効果が高い。

美容室のレジ選びで失敗しないためのポイント

笑顔の女性二人

美容室にレジを導入する際は、次の3つのポイントに気をつけることで失敗を防ぎやすくなります。

  • 必要な機能が搭載されているかを確認
  • コストは予算内に収まっているかを確認
  • システムの扱いやすさを確認

それぞれについて確認し、レジ選びの参考にしてください。

必要な機能が搭載されているかを確認

美容室のレジを選ぶ際には、まず必要な機能がきちんと搭載されているかを確認することが大切です。

売上・会計管理、レシート発行、顧客管理、在庫管理など、美容室経営に不可欠な機能がしっかりと備わっているかをチェックしましょう。

また、美容室の業態や規模に応じて必要な機能が異なる場合もあるので、自店のニーズに合ったレジを選ぶことが重要です。

嬉しそうな女性の画像
どんな機能がいいかな

コストは予算内に収まっているかを確認

レジシステムの導入には初期費用やランニングコストがかかるため、予算内に収めることが大切です。

初期費用にはレジ本体や周辺機器、導入時のカスタマイズ費用などが含まれます。また、>クラウドベースのシステムでは月額の利用料が発生する場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

さらに、コスト面だけでなく導入後のランニングコストも考慮して、経営計画に合ったレジシステムを選ぶことが重要です。

POINT

・初期費用、維持費用なども含めた予算を設定しておく。

システムの扱いやすさを確認

レジシステムはスタッフが毎日使うため、扱いやすさも重要なポイントです。操作が簡単で直感的なインターフェースが提供されているかを確認しましょう。

また、トレーニングやサポート体制が充実しているかもチェックすると良いでしょう。となります。

女性
研修には余裕を持った期間を設けておきましょう

まとめ

本記事では、美容室でよく使われるレジシステムの種類や主な機能、導入費用相場などについて解説しました。

本記事の内容を参考にして、業務効率を高められるレジシステムの導入を検討してはいかがでしょうか。

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

関連記事

無料モニター募集!美容室に必要な予約システムを丸ごと提供。リリースキャンペーン実施中! 一元管理、自動連携で予約管理をもっと簡単に 顧客管理・WEB予約システムならGil サロンの生産性大幅アップ!精算機機能 サロンの新規開業・多店舗運営に特化した予約管理システム Mobius(メビウス)