エステサロンは儲かる? サロン経営のポイントや開業準備の進め方を解説

エステサロンは儲かる?サロン経営のポイントや開業準備の進め方を解説

エステサロンに勤務しており、独立を検討している方は少なくありません。その中でも、「エステサロン経営って儲かるの?」「長期的に稼ぐことは可能なの?」と疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

今回は、サロン経営者の平均年収や儲からないサロンの特徴を紹介した後、儲かるエステサロンに育てるためのポイントや必要な開業準備について解説します。

エステサロンの経営を始めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

▼ 目次[表示]

▲ 目次[非表示]

SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!SNSと相性抜群の予約システム「GiL」月額使用料3ヶ月無料!リリースキャンペーン実施中!

エステサロンは儲かる?サロン経営者の平均年収を確認

どちらか迷う女性

エステサロンの経営者は、平均的な年収が600~1,000万円以上とされています。また、初期は知名度が低く、来客数も限られるため、年収が300万円を下回ることもあるようです。

しかし、長期的な顧客獲得とリピーターの確保により、数千万円の年収を達成することも可能なのがエステサロン経営といえます。

自宅での開業は家賃が不要ですが、マンションやテナントでの開業では家賃がかかるため、経費の支払いなどを考慮すると実質的な利益額は少なくなる傾向にあるようです。

エステサロンが儲かるのは嘘?儲からないサロンによくある3つの特徴

頭を抱えてうつむく女性
困った男性
エステサロンを開業したけど売上が伸びない…

儲からないエステサロンによくある特徴として、以下の3つが挙げられます。

儲からないエステサロンの特徴
  • 顧客が来店しやすい工夫がされていない
  • 施術スキルやカウンセリング力が不足している
  • 経営に関する知識が不足している

それぞれの特徴を解説します。

顧客が来店しやすい工夫がされていない

儲からないエステサロンの典型的な特徴の一つは、顧客が来店しやすい環境への工夫が欠如していることです。駐車場の不便さやアクセスの悪さ、わかりにくい場所など、これらの要因が顧客の来店意欲を低下させる可能性があります。

成功するサロンは、魅力的なロケーションを選定し、アクセスしやすさや利便性に配慮した施設を提供しています。来店しやすい環境を整えることで、新規顧客の獲得やリピート率の向上が期待できます。

施術スキルやカウンセリング力が不足している

儲からないエステサロンの特徴として、施術スキルやカウンセリング力が不十分なことが挙げられます。顧客は高品質な施術と信頼できるカウンセリングを求める傾向がありますが、これらが不足しているとリピーター獲得が難しくなるでしょう。

成功するサロンは、経験豊富で資格を持つスタッフを配置し、顧客に寄り添った丁寧なカウンセリングを提供します。施術技術の向上やスタッフの教育に力を入れることで、サロンの信頼性と顧客満足度を向上させ、儲かる経営を実現できます。

経営に関する知識が不足している

儲からないエステサロンの特徴の一つは、経営に関する知識が不十分であることです。サロンを成功させるためには、予算管理や効果的な広告戦略、人材育成など、幅広い経営スキルが必要です。

知識不足では効果的な経営判断が難しく、経済的な困難に直面する可能性が高まります。成功するエステサロンは、経営に必要な知識を継続的に学び、実践しています。

専門家のアドバイスや経営コンサルタントの活用も考慮することで、サロン経営を成功に近づけられるでしょう。

儲かるエステサロンに育てるための5つのポイント

エステを受ける女性

儲かるエステサロンを作るためには、次の5つのポイントを意識した経営が不可欠です。

儲かるエステサロンに育てるためのポイント
  • コストを抑えて経営する
  • サロンの目標を明確化する
  • リピート率を高める工夫をする
  • 店舗住所を公開する
  • 適切な価格で提供する

それぞれのポイントを解説します。

コストを抑えて経営する

エステサロンを成功に導くためには、イニシャルコストとランニングコストの両方を効果的に抑えることが不可欠です。建物や装備の選定時にはコスト対効果を検討し、無駄な出費を最小限に抑えましょう。

また、効果的な在庫管理や無駄なサービスの提供を避け、人件費や光熱費などのランニングコストも見直すことが重要です。適切な予算配分とコスト管理により、収益を最大化し、持続可能な成功を築くことが可能となります。

POINT

・コスト対効果を検討し、無駄な出費を最小限に抑える。

・開業時だけでなく定期的なコスト見直しを行う。

サロンの目標を明確化する

エステサロンを儲かるビジネスに育てるためには、明確な目標の設定が欠かせません。具体的かつ実現可能な目標を定め、それをスタッフと共有することで、一丸となったチームの協力を得られます。

目標は営業目標だけでなく、顧客満足度やスタッフのスキル向上など幅広く設定しましょう。明確な目標設定は戦略的な経営判断に繋がり、サロンの成長を促進します。

また、目標達成に向けた進捗や評価を定期的に確認し、必要に応じて計画の調整を行いながら目標を実現していきましょう。

嬉しそうな女性
目標に向けて頑張ろう

リピート率を高める工夫をする

エステサロンを成功に導くためには、リピート率の向上が重要です。顧客との信頼関係を築くために、積極的なコミュニケーションや個別対応が求められます。

リピート客向けの特典や会員制度を導入し、顧客が継続的にサービスを利用しやすい環境を整えましょう。

また、アフターケアやフォローアップの充実も大切で、顧客がサロンへの満足度を高く感じるようなサービスを提供することがリピート率向上の鍵です。顧客との良好な関係は、サロンの安定的な成長に繋がります。

POINT

・リピート客向けのサービスを検討する。

・顧客との積極的なコミュニケーションを心がける。

店舗住所を公開する

エステサロンの儲かる経営において、店舗住所の公開は極めて重要です。顧客は信頼性や利便性を求めるため、明確でアクセスしやすい場所にサロンがあることが重要です。

ウェブサイトや広告、SNSなどで正確で分かりやすい店舗住所を公開し、地図や交通機関の案内も提供することで、新規顧客の獲得が促進されます。逆に、住所を公開せずに曖昧な情報を提供すると、来店に二の足を踏む可能性が高まります。

明確で魅力的な店舗の位置情報を提供することで、サロンの知名度向上と集客効果が期待できます

困っている女性
店舗の場所がわからないと困るね

適切な価格で提供する

エステサロンを儲かるビジネスに育てるためには、適切な価格設定が不可欠です。競合他社と比較し、提供するサービスや品質に見合った価格を設定することが重要です。

顧客はコストと利益をバランスよく感じる価格に敏感であり、リーズナブルながらも価値を感じられる価格戦略が集客を促進します。定期的なキャンペーンやパッケージ料金、会員特典の提供なども効果的です。

価格に納得感があり、提供される価値を実感できる場合、顧客の満足度が向上し、リピート率や口コミにつながります。

POINT

・サービスや品質に見合った価格を設定する。

・キャンペーンなど顧客の満足度が上がるサービスの発信も検討する。

儲かるエステサロンに欠かせない開業準備5ステップ

資料を分析する様子

エステサロンを開業し、儲かる店舗にしていくためには、以下の5ステップを押さえた開業準備が欠かせません。

  1. 開業の目的決定・ターゲット選定
  2. サロンのコンセプト決め
  3. 内装作り
  4. メニューやサービス内容の決定
  5. 集客方法の検討

それぞれのステップにおけるポイントを確認し、開業準備を進めていきましょう。

開業の目的決定・ターゲット選定

儲かるエステサロンを構築するためには、明確な開業目的とターゲットの選定が不可欠です。まず、サロンが提供する価値や差別化ポイントを具体的に定め、その目的に基づいた経営戦略を検討しましょう。

同時に、どの層の顧客をターゲットにするかを明確にし、そのニーズや要望に応えるサービスを提供する計画を練ることが大切です。

女性
店全体の指標になるので具体的に設定しましょう

サロンのコンセプト決め

コンセプトは、サロンのアイデンティティを形成し、顧客に独自性をアピールします。開業前にサロンが提供する価値や雰囲気、特徴を考え、それを明確にまとめましょう

一貫性のあるコンセプトを打ち出すことで、ブランドの強化と競争力の向上が期待できます。

内装作り

エステサロンの成功に向けて、内装も重要な要素の一つです。サロンの雰囲気やコンセプトに合った内装を計画しましょう

色彩、照明、家具などは顧客にリラックス感や安心感を与える効果があります。また、清潔感やプライバシーを重視したデザインなどを採用し、顧客のニーズを満たし信頼を築くことが大切です。

メニューやサービス内容の決定

エステサロンの儲かる経営において、適切なメニューとサービス内容の決定は不可欠です。

開業前に提供する施術やメニューを検討し、顧客の需要に合わせたバリエーションを設定しましょう戦略的なプロモーションキャンペーンと組み合わせたメニューやサービスの内容を積極的に発信することで、集客力が高まり、儲かるエステサロンに近づけるでしょう。

男性
店のターゲットと顧客の需要があっているのか確認していくのも大事だね

集客方法の検討

エステサロンの儲かる経営を実現するためには、効果的な集客方法を検討することが肝要です。ターゲット層やコンセプトに合わせたマーケティング戦略を策定し、オンラインとオフラインの複合的な手法を取り入れましょう

ウェブサイトやSNSを活用し、魅力的なコンテンツやキャンペーンを展開することで、新規顧客の獲得が期待できます。同時に、地域密着型の広告や協力企画、口コミマーケティングも強化することが大切です。

POINT

・オンライン、オフライン問わず効果的な集客方法を検討する。

まとめ

今回は、エステサロンは儲かるのかどうか、儲かるために必要な要素や開業準備の進め方などを紹介しました。

戦略的な準備や質の高い営業により、エステサロンでも十分な儲けを得ることは可能なため、顧客のニーズを満たせるサロン作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

無料モニター募集!美容室に必要な予約システムを丸ごと提供。リリースキャンペーン実施中! 一元管理、自動連携で予約管理をもっと簡単に 顧客管理・WEB予約システムならGil サロンの生産性大幅アップ!精算機機能 サロンの新規開業・多店舗運営に特化した予約管理システム Mobius(メビウス)