美容師の店長手当はいくら? 地域・年齢・男女別で差があるのか

美容師の店長手当の説明

専門学校を卒業後に美容師になり、アシスタントからスタイリストへステップアップしたあなたが次に目指すのは「店長」ではないでしょうか。

美容室の店長はサロンワーク以外にも仕事が増えますが、その分給与はどれぐらい変わるのか気になりますよね。

この記事では「美容師の店長手当はどれぐらいなのか」や「ランクごとの平均給与」、そのほか「美容師の残業事情」などについても解説しています。

▼ 目次を開く▲ 目次を閉じる
集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius
集客×予約×再来強化のための予約管理システムMobius

美容師の店長手当はいくらくらいか

封筒に入ったお札と収入のグラフ

スタイリストの月収が約20〜25万円であるのに対し、店長になり手当がつくと月収は30〜50万円ほどになる場合がほとんどです。最低でもプラス10万円の手当がつくと考えて良いでしょう。もちろん店により役職手当の金額には差があります。

スタイリストよりも安定した給料が得られる店長職ですが、その分仕事は増えますし責任も大きくなります。美容室の店長とは店の管理者・責任者となる立場です。サロン内で完結する仕事だけでなく、家に持ち帰ってしなければならない仕事も出てくることでしょう。

手当が出る分大変な仕事になりますが、そのかわりスタイリストでは決して得られない知識と経験値を得られます。美容室の独立を考えている美容師は、必ずなっておいたほうが良い役職が店長です。

ランクによってのお給料はどの位差があるの?

アルファベットで表記されたランキングという単語

美容師にはアシスタントやスタイリスト、チーフや店長などランクがあります。ランクが上がると給料も上がるシステムを採っている美容室が多いのではないでしょうか。ランクの基準は店によって違いますが、ランクを上げるためには一定の条件やテストが設けられていることがほとんどです。

以下の表は、ランクによってどれぐらい給料に差があるのか一例をまとめたものです。

ランク(役職) 年収 月収
アシスタント 約150〜180万円 約15〜16.6万円
ジュニアスタイリスト 約180〜200万円 約15〜16.6万円
スタイリスト 約250〜300万円 約20〜25万円
チーフ 約300〜350万円 約25〜29.1万円
店長 約350〜450万円 約30〜40万円

アシスタントと店長では月収にすると17.5万円〜25万円ほどの差があることがわかります。店長になると仕事内容が大幅に増えるため、給料の額も大きくなる傾向にあるようです。また、店によってはランクによる給料の変動が無い場合もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

美容師の平均年収・平均月収

封筒に入ったお札の束とグラフ

そもそも美容師の平均年収・平均月収はどれぐらいなのでしょうか。ランクにこだわらず、美容師全体での年収・月収の平均を見てみると年収が約325万円で月収は約27万円となっています。美容師の初任給に関してはアシスタントなので、20万円もいかないことがほとんどでしょう。

ちなみに日本のサラリーマンの平均年収は約400万円で、初任給は約22万円といわれています。美容師の年収は低いと言わざるを得ませんが、ランク制度や歩合制をうまく活用すれば給料を自分の力で増やすことが可能な職種です。また美容師の年収は年々上がっている傾向にあります。

年齢別・男女別では差がある?

男性と女性の美容師

年齢や男女別でも美容師の平均年収には差があります。

年齢 男性美容師の平均年収 女性美容師の平均年収
20〜24歳 約234万円 約232万円
25〜29歳 約296万円 約279万円
30〜34歳 約372万円 約331万円
35〜39歳 約443万円 約344万円
40〜44歳 約497万円 約329万円
45〜49歳 約410万円 約335万円
50〜54歳 約443万円 約338万円
55〜59歳 約325万円 約320万円

最も平均年収が高くなる年齢はそれぞれ、男性の場合が40代前半頃の約497万円、女性は30代後半頃の約344万円となっています。

男性美容師は30代頃からチーフや店長などの役職につく人が多く、役職手当で給料が上がっていると言えるでしょう。逆に女性美容師は結婚・出産により労働時間が減ったり雇用形態が正社員からパートなどに変わる場合が多く、男性のように30代にかけて給料が大きく上がる傾向に無いようです。

しかし美容師の働き方も多様化してきた近年、男性でも女性でも年収の差がほとんど無くなることも十分に考えられます。

地域別で美容師の年収差がある?

都市と地方の風景

地域別で見ても美容師の年収には差があります。「求人ボックス給料ナビ」による、美容師の求人情報に基づいた集計によると以下のような差があります。(2022年3月現在)

地域 年収
北海道・東北地方 305万円
甲信越・北陸地方 350万円
関東地方 348万円
東海地方 328万円
関西地方 301万円
中国地方 311万円
四国地方 312万円
九州・沖縄地方 301万円

地域により最低賃金が異なるのも、年収に関係しているようです。そのほか物価の違いの影響もあります。首都圏では物価が高い分給料も上がりますが、生活費も地方に比べ高くなることも頭に入れておきましょう。

平均勤務時間・残業時間はどの位?

壁にかかった時計

2020年における美容師の平均勤務時間は181時間で、平均残業時間は3時間となっています。しかし現場に立つ美容師からすると首をかしげたくなる数字かと思います。美容室における勤務時間・残業というのはこれまで非常に曖昧なものとなっていました。

美容師はお客様が帰られたあとに、夜遅くまでレッスンをすることも少なくありません。これまでは多くの場合このレッスンは残業とみなされず、給与が発生しない時間となります。また休日にも練習会や勉強会などでサロンに足を運んだりする必要がある場合もあります。

労働基準法において残業とは、法定労働時間(1日8時間、週40時間、週1日休み)を超えて働く時間のことを指しています。営業後のレッスンや休日の勉強会などが、本人の意志に反して行われているものならば当然残業代を支払わなければなりません。

美容師としてスキルを上げるためにはレッスンや勉強会は必須です。しかしそれを店側が営業後や休日に無給で強要したり、「レッスン(勉強会)に出ないと昇給・昇格させない」などといった条件をつけることは違法行為になりかねないため注意が必要です。

まとめ

美容室の店長になると最低でも10万円以上の役職手当がもらえる美容室が多いようです。また美容師の給与は地域別でも違いがありました。役職手当がもらえるということは、仕事や責任も増えるということ。美容室の店長とは大変な役職ではありますが、将来独立を考えている美容師は1度は店長職を経験しておくことが成功の1歩となるでしょう。

  • 美容師が集まる求人表【美容室求人の書き方】

    【保存版】美容師の数がそのまま売上に直結する、美容室にとって求人対策は必須!効果的な求人票の書き方や媒体選びをまとめた採用ガイド
  • そのまま使える!美容室電話対応マニュアル

    もうすぐ新入社員を迎える季節。美容室では避けることができない電話対応。『電話対応の印象=美容室全体の印象』という意識を持ちたいですね。こちらは基本的な美容室電話対応マニュアルです。自店に合わせて編集も可能になっていますので是非ご活用ください
  • 《リピート爆増!》オリジナルアプリ徹底活用

    『美容室のリピート率を上げて、安定させる』そんな仕組みをご存知ですか?お客様が新しい美容室を探す心理として一番多い理由は「今通っている美容室よりもっと良い美容室を探したい」という心理です。あなたの美容室にリピートしてもらうためにオリジナルアプリを活用してリピート率を上げるマニュアルです!

関連記事