美容室の独立資金はいくら必要? 開業費用を徹底解明

美容師の独立資金

美容師が開業するために必要な資金は

美容師のキャリアアップの1つでもある【独立】。現在目標にされている人も多いのではないでしょうか? しかし、サロンを構えるという事は初期費用やランニングコストが発生します。こういった費用のために開業資金を準備する必要があります。

では、一体いくらの開業資金を準備すればいいのでしょうか

今回は美容師が独立する場合に必要な開業資金をお伝えいたします。また、全額を自己資金で準備するのは非常に難しいため、融資を受ける前提でいくらの資金を準備したらいいのかも合わせてお伝えしていきます。

美容師が独立するために必要な費用

独立にかかる費用についてお伝えいたします。

不動産契約費用

美容室を開業するためのテナントを準備するのには費用が発生します。主に【敷金】が発生します。また物件を用意してくれた会社に仲介手数料を支払う必要もあります。おおよそですがこの【敷金】は家賃の8ヶ月~10ヶ月分が相場となり、仲介手数料は家賃の1ヶ月分が必要になります。これらの通り、9~11か月分の初期費用が必須となります。この【敷金】は物件を解約した際に戻ってくる可能性もありますが、基本的には退去する際の修繕費として使用されるため費用と考えていいです。

内装費用

内装費用としてはこだわりやブランディングにより変わってきますが、おおよそ40万~50万円/1坪となります。15坪の美容室を開業する際に発生する内装費は600万円~750万円となります。この内装費をいかに節約するかによって初期費用が大きく変わってきます。しかし、お店の雰囲気は営業をしていく中で非常に重要になるポイントです。

そのため必要不可欠なものを最初の段階でリストアップしすぐになくていいものは徐々にそろえるようにしましょう。また、シャンプー台やカット椅子などは、中古やリースでも販売しておりますのでなるべくそういったもので費用を抑えることをオススメします。

薬剤・備品

シャンプー、トリートメント、カラー剤、ワゴン、ドライヤー、ヘアアイロン、ヘアケア剤、ヘアセット剤などの美容室としてなければいけない物から、お会計に使用するキャッシャー、ペンなどの文房具など美容外で必要になるモノもそろえる必要があります。2店舗目や美容室を買い取った場合などはあるものをそのまま使用することができますが、1店舗目の開業時は最初にまとめて準備します。

メーカーによっては一定数以上でないと発注ができない物もあります。そのため、発注量は増加します。また、1店舗での仕入れになるとディーラーも値引きをすることが難しくなる為最低でも50万円ほどの予算が必要になります。このことに関しては別の記事で紹介させていただいているのでそちらもぜひ参考にしてください。

関連記事:美容室を開業するために必要な設備や備品は?

運転資金

家賃、薬剤、人件費、広告宣伝費、水道光熱費など美容室を運営するには毎月費用が発生します。この費用を計算することで毎月の利益を算出することができます。一般的な目安としては売上の80%で費用を抑えられるようにする必要があります。また、オーナー1人で運営をしていく場合は45%が理想とされています。この費用シミュレーションはとても重要になります。

関連記事:独立した美容師の年収はいくら?

また、独立・開業前に売上をシミュレーションする必要があります。この数字は【見込み客数×客単価】で算出することができます。例えば客数が100人/月、5000円/客としたとき、この美容室の売上は500,000円となります。既存客の人数や単価を事前に決め計算し、いくらの美容室を作りたいのかを決めましょう。また、この想定売上から雇用できるスタッフ数やオーナーの給与などを算出することもできます。美容室の開業時における平均売り上げを表にしましたのでご参考下さい

・単価5000円とする
・費用=売上×0.8

売上 客数(人) 単価(円) 費用(円) 利益
500,000 100 5000 400,000 100,000
600,000 120 5000 480,000 120,000
700,000 140 5000 560,000 140,000
800,000 160 5000 640,000 160,000
1,000,000 200 5000 800,000 200,000
1,200,000 240 5000 960,000 240,000
1,500,000 300 5000 1,200,000 300,000

自己資金はいくら準備

自己資金はいくら準備すればいい?

独立・開業をする際には必ず資金が必要になります。しかしこの独立・開業には膨大な費用がかかります。これらを全て自己資金で準備出来る人がほとんどいません。そのため日本政策金融公庫や各銀行から借り入れをすることが必要になります。この借り入れにも自己資金がおおよそ25~30%必要になります。美容室の規模などにより開業資金が変化しますので算出する必要があります。

開業資金の算出方法

【坪単価×坪数+保証金+仲介手数料:10ヶ月+内装費+薬剤(備品)+ランニングコスト:売上の80%×6ヶ月】

上記で算出することができます。

坪単価1万円、坪数35坪、想定売上200万円で計算すると以下の数字になります。

保証金(敷金)350万
仲介手数料35万
内装費50万
薬剤仕入れ40万
ランニングコスト10ヶ月分1600万
合計2075万円

こちらが開業資金のおおよその金額となります。内装費や備品費等を削減することにより減額することも可能ですが美容室を開業するのには約2000万円ほどの費用が必要になります。この2000万円の30%ですので600万円の自己資金が必要となります。この様に独立・開業には大きな資金が必要になります。そのため美容室を独立・開業する時は比較的小さなサロンから始めるのが無難となります。

独立資金がどうしても準備出来ない場合として以下の対処方があります。

事業計画書により収益性の高さをアピールする

金融機関からすれば貸したお金に利息を付けちゃんと返済してもらえれば何の問題もありません。そのため現在働いている美容室のすぐそばに開業し顧客の一定数引き抜ける場合は自己資金が足りなくても融資が実行されるケースもあります。しかし、この場合はお世話になった美容室やお客様に迷惑をかけることになるのでなるべく避ける必要があります。長期的に考え貯蓄をしていきましょう。

まとめ

今回は美容室の独立・開業にかかる資金についてまとめさせていただきました。このように独立・開業には多くの費用が発生します。また経験がなくチャレンジを行う上で多くの不安も付きまといます。これらを解消するためにも美容室向けPOSアプリシステムMobiusがあります。従来のPOS機能はもちろん、固定率向上をはかるアプリ機能や美容室専門のホームページ、ご希望であれば美容室コンサルも請け負っています

\ 詳しくはお問合せ下さい /